カテゴリ:阪中ゲンのプロフィール( 4 )

プロフィール③ 「虎の皮をかぶりたかった羊くん」


「てぃーだスマイル日々のブログ」

〜年齢と共に、しなやかに、強く、美しくなる〜 ってどゆこと?






プロフィール③ 

「虎の皮をかぶりたかった羊くん」





中学、高校と、
ラグビーをやっていたぼくの、

生き方の姿勢は、
(というと大層ですが)

基本的に小学校のときと同じでした。



泣き虫(あかんたれ)を隠す。

負けん気が強い(ふりをする)。



ラグビーの練習は
めちゃくちゃ厳しかったですし、

小柄で、運動神経のたいしてよくないぼくは、
体力をつけるのに必死でした。




なかでも、中学時代のラグビー部は、

【平素の行動に問題アリ】
な生徒たちが集まっていて、

ヤツらと渡り合っていくには、
「俺は負けん気が強いんや」

という自己暗示が必要だったんです。




中一の初めてのラグビー部の練習の時に、

違う小学校から入ってきた、
Jという男が、
ぼくに近づいてきて言いました。


「コラ、おまえ、
 パチキ入れてるからって調子乗んなよ。
 いつでもやったるからな、ボケ!!」



ちなみに、パチキ、っていうのは、
おでこに入れる剃り込みのことです。



ぼくの頭は、
家のバリカンを使って父が刈ってたんですが、

カミソリできわ剃りをするときに、

「この方が、スキッとしてええ。」

と父は言って、

ぼくのおでこの生え際を、
四角く剃りそろえてたんです。

元々広いおでこの際をそろえると、
かなり剃り込んだ感じに見えるんです。笑


Jは、身長が高くて、足が速く、
短距離走のレコードを持っていました。

ちょっと名前の知られたやんちゃ系で、

入学早々、剃り込みが入ってる、
隣の小学校上がりのぼくに、

一発、かましてきた、
というわけです。



「別にお前に何も言うてへんやんけ。」

内心、怖いなあ、こいつ。でかいし。
とビビってたぼくは、

自分のあかんたれを隠しながら、
精一杯の負けん気で対抗したと思います。




・目立ちたい

・しょうもないことを言って、人を笑かせる

・負けん気が強いふりをして、男子ヒエラルキーの上位を確保する


小学校のときと変わらない、
ぼくの中学、高校時代の行動様式です。



あ、中学からは、

・女子を意識する

っていうのも強烈に入ってきました。笑





多くの人は、
持って生まれた生来の性質と、
 
育っていく中で必要に迫られて、
後天的に獲得した<武器としての>性質とが
 
キャラクターの中に混在していると思います。
 
 

・ポジティブ ↔︎ ネガティブ


・自立 ↔︎ 依存
 
 

といった具合に、

相反するものが自分の中に存在するのも、
もちろん、その人なりの理由があるはずですね。






さて、Jとの後日談ですが、


やんちゃ系のJとは、
「目立ちたがり」「女の子好き」

ってとこらへんで気が合いました。


21歳の時に、ぼくが大阪を離れるまで、

誰よりも長く時間を過ごし、

誰よりもたくさんの話をする仲になりました。




その当時、Jと交わした約束に、

「大人になって金に困っても、
 絶対にお互い貸し借りをしない」

というものがありました。



大人として生きることが、
どんなものだか想像もできなかった、
10代のぼくらが、

友情を損なわないために
交わした唯一の約束です。




それから20年ほどのちに、


そんな約束をしなければよかった、


と思うことになるとは、

ぼくは夢にも思いませんでした。




a0142373_10334923.jpg

「なんでラグビーの人って写真撮る時、腕組むん?」
と友人の女性から聞かれました。
「イキってんねん」と答えました。笑
【平素の行動に問題】のあったヤツらと。



____________________________________________





●リスニングボディってなに?



─────────────────────────────────
 


■てぃーだスマイルで受けられるセッション

【リスニングボディセラピー】
からだの症状からこころ(無意識)の感じていることにアクセスし、
自分らしい在り方へと近づくためのセラピー。
自分の深い感性とつながった生き方を取り戻していくセッションです。


【個人コンサルティング】
あなたの「ありたい未来」を明らかにして、実現への行動を引き出します。
そもそも、どうありたいのか?
「強い欲求」が鍵になります。
今いる場所からゴールへ向かう道は、小さな行動の積み重ねによって埋められます。


【心理カウンセリング】
つらい心の内や、人に相談できない悩み、
なかなか解決することのできない問題や、言葉にすることが難しい感情など、
来談者中心カウンセリングを元に、あなたの悩みの解決に向けてサポートします。




─────────────────────────────────

■てぃーだスマイルで学ぶ


【リスニングボディ・セラピスト養成講座】

からだを整えることと、心のメンテナンスを同時に行い、
心の詰まりを解放することで、からだをゆるませる。

<心とからだをつなげる>
ボディワーク&心理セラピー「リスニングボディ」

「心理学」「ボディーワーク」「カウンセリング技法」
「東洋医学」「コミュニケーション技法」などを融合した
オリジナル・新セラピーを学びませんか。






【プロフェッショナルセルフ発揮スクール】

自分の能力が充分に発揮できないのは、
それを邪魔する力「ネガティブ脳」が優勢になっているから。

あなたの力が最大限に活かされるモードになるには、
「ポジティブ脳」を活性化させる必要があるのです。

あなたが持つ能力を常に最大限に発揮できるようになる、
心理学や脳科学に基づいた理論と実践法を約3ヶ月で習得します。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ てぃーだスマイル コミュニケーション
 〒904-0303 沖縄県中頭郡読谷村字伊良皆311-3  
 TEL / FAX 098-956-4770
 http://teedasmile.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by teeda-smile | 2019-01-31 10:42 | 阪中ゲンのプロフィール | Trackback | Comments(0)

プロフィール② 「泣き虫しずかちゃんの逆襲 〜父からの洗脳〜 」


「てぃーだスマイル日々のブログ」

〜年齢と共に、しなやかに、強く、美しくなる〜 ってどゆこと?







プロフィール②

「泣き虫しずかちゃんの逆襲 〜父からの洗脳〜 」





泣き虫なぼくと、利かん坊の弟。


大人たちと話す父は、
ぼく達兄弟のことを、
よくこんな風に言っていました。


「ワシに似たんか、
 二人とも負けん気だけは強いですわ!」



え?

確かに弟はそうやけど、
ぼくも?


子ども心ながら、
ぼくは違和感を感じていたのを
はっきり覚えています。



ぼくは、
泣き虫であかんたれ。


せやけど、お父さんは、
二人とも「負けん気が強い」
って言うてる。



じゃあ、そういうことにしとこう、
と自分で思ったのかどうかも覚えていませんが、


小学校に入ってからの泣きしずは、
「負けん気の強いあかんたれ」
へと、変容していきました。


いや、していこう
と思っていたんだと思います。




クラスの中では、
一番目立ちたがりでした。


どんなことで目立つかと言ったら、


授業中にしょうもないことを言って
みんなを笑かせる。


口喧嘩では理屈をまくし立てて、
相手が黙るまでやっつける。


たまには、取っ組み合いの喧嘩もする。

特に、名前のことでからかわれると、
必ず喧嘩をしました。

「し〜〜ずかちゃん!女の名前やんけ〜〜」

「しばく!!」


ぼくは自分の中の「しずかちゃん」的、
あかんたれな部分を、
恥ずかしく思ってはいたんですが、

名前自体は気に入っていたんです。

両親が、一生懸命考えてつけてくれた名前を、
からかいのネタにするのは許せませんでした。

名前を馬鹿にされてる時に、
お父さんとお母さんのことを考えると、
涙が出そうになるんです。

やばい、また泣いてまう!


小学生の喧嘩は、泣いたら負けですから、
涙が落ちる、その前に相手にかかっていく、
という感じでした。




こうして、
幼稚園から小学校にかけてのぼくは、

自分の中の
あかんたれの部分をかき消すために、


父から洗脳された
「負けん気の強さ」を、

自分に取り込もうと、
必死だったように思います。






でも、後からよくよく考えると、

家族の中で一番負けん気が強かったのは、
昭和5年生まれの、母でした。


戦中、戦後の厳しい時代、
5人兄弟の長女として、
弟妹達の面倒をとてもよく見たそうです。


母は語りませんが、
母の妹である叔母が言うには、

近所の悪ガキどもが、

「お前いじめたら、
 かっちゃん(母のこと)が出てくるからなー」

と言って、手を出さなかったそうです。




のちに、
父の会社が倒産したときも、
弟が若くして亡くなったときにも、

ぼくは一度も、
母の弱音を聞いたり、

泣いているところを
見たことがありません。



a0142373_09574645.jpeg
母が営んでいたお好み焼き屋「くすのき」の前で。
父の豪快でちょっといかつい雰囲気、
ぼくのあかんたれな感じ、弟の活発そうな目つきがよくわかる写真ですね。





____________________________________________




●リスニングボディってなに?



─────────────────────────────────
 


■てぃーだスマイルで受けられるセッション

【リスニングボディセラピー】
からだの症状からこころ(無意識)の感じていることにアクセスし、
自分らしい在り方へと近づくためのセラピー。
自分の深い感性とつながった生き方を取り戻していくセッションです。


【個人コンサルティング】
あなたの「ありたい未来」を明らかにして、実現への行動を引き出します。
そもそも、どうありたいのか?
「強い欲求」が鍵になります。
今いる場所からゴールへ向かう道は、小さな行動の積み重ねによって埋められます。


【心理カウンセリング】
つらい心の内や、人に相談できない悩み、
なかなか解決することのできない問題や、言葉にすることが難しい感情など、
来談者中心カウンセリングを元に、あなたの悩みの解決に向けてサポートします。




─────────────────────────────────

■てぃーだスマイルで学ぶ


【リスニングボディ・セラピスト養成講座】

からだを整えることと、心のメンテナンスを同時に行い、
心の詰まりを解放することで、からだをゆるませる。

<心とからだをつなげる>
ボディワーク&心理セラピー「リスニングボディ」

「心理学」「ボディーワーク」「カウンセリング技法」
「東洋医学」「コミュニケーション技法」などを融合した
オリジナル・新セラピーを学びませんか。






【プロフェッショナルセルフ発揮スクール】

自分の能力が充分に発揮できないのは、
それを邪魔する力「ネガティブ脳」が優勢になっているから。

あなたの力が最大限に活かされるモードになるには、
「ポジティブ脳」を活性化させる必要があるのです。

あなたが持つ能力を常に最大限に発揮できるようになる、
心理学や脳科学に基づいた理論と実践法を約3ヶ月で習得します。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ てぃーだスマイル コミュニケーション
 〒904-0303 沖縄県中頭郡読谷村字伊良皆311-3  
 TEL / FAX 098-956-4770
 http://teedasmile.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by teeda-smile | 2019-01-26 10:17 | 阪中ゲンのプロフィール | Trackback | Comments(0)

プロフィール① 「泣き虫しずかちゃんの葛藤」


「てぃーだスマイル日々のブログ」

〜年齢と共に、しなやかに、強く、美しくなる〜 ってどゆこと?







プロフィール① 「泣き虫しずかちゃんの葛藤」




ぼくの名前は、
「玄」と書きます。


今は、友人や家族からも
「ゲンさん」とか
「ゲンちゃん」と呼ばれてますが、

「ゲン」というのは、
いわばリングネームみたいなもので、


本名は、
「しずか」って言うんです。
 

「玄」という漢字一文字で、
読みは、「しずか」です。



なので、当然ながら、
小さい頃は、
「しずかちゃん」と呼ばれていました。





しずかちゃんが生まれたのは、
大阪のお好み焼き屋です。

(実際に生まれたんは助産院です。
店内出産と違いますよ。笑)


母が一人でやってた、
小さなお好み焼き屋で、
父は、その店に来ていた
独身客だったそうです。


12歳上の姉は、
母の前の旦那さんとの子で、
ぼくとは父親が違う、
いわゆる種ちがい、ということになります。


ぼくが4歳の時に産まれた弟は、
亥年生まれにちなんで、
まっすぐ進め!の意味で
「直(すなお)」と名付けられました。





ぼくの幼い頃の性格を
一言でいうと、「泣き虫」です。

痛いとか、怖いとかは
もちろんですが、
感動系にも弱く、
なにしろよく涙が出ました。


自分では、泣かんとこう、
泣かんとこうと思うのに、
自分の意志とはうらはらに、
目から涙が溢れてしまいました。

ああ、また泣いてもた、
格好悪いなあ、
恥ずかしいなあ、

と、ずっと感じていました。


父は、そんなぼくをからかって、
「泣きしず」(泣き虫しずか)
と呼んでいました。




一方で、4歳年下の弟は、
一旦言い出したら、
大人がどうなだめすかしても聞かない、
強烈に、強い意志を持った男の子でした。


そのど根性ぶりがあまりに激しいので、

「ゴテる」
(グズグズ不平不満を言う、相手に無理難題をいう)

という言葉をあてて、
「ゴテすな」と呼ばれていました。



柔道2段の父は、
がっしりとしたガタイで、
周りからは「豪快な人」
として一目置かれていました。


父は、ぼくら兄弟の話を
よく聴いてくれて、

近くの銭湯への行き帰り、
3人で歩きながら、
幼稚園や学校での話をするのが日常でした。


ぼくも弟も、
そんな父が大好きで尊敬していました。





あかんたれの
「泣きしず」にとって、

親戚から「台風が来るぞ!」
とまで恐れられた弟、
「ゴテすな」は、

可愛い弟でありつつ、
嫉妬の対象でもありました。


豪快な父がよく、
「ゴテすな」の破茶滅茶なエピソードを、
とても嬉しそうに、
周りの大人たちに話していたからです。




自分のあかんたれ、
泣き虫癖をなんとかしたい。


その思いは、
思春期、大人になってからでさえ、

ぼくの行動や振舞いに
大きな影響を与えていたと思います。




a0142373_22195394.png
ぼくは、生まれたときに、おでこが顔の半分ありました。
その後、徐々におでこが狭くなってきて、今の割合になっています。
なので、100歳くらいまで生きたら、生え際と眉毛がくっつくことになるかもしれません。
 




____________________________________________



●リスニングボディってなに?



─────────────────────────────────
 


■てぃーだスマイルで受けられるセッション

【リスニングボディセラピー】
からだの症状からこころ(無意識)の感じていることにアクセスし、
自分らしい在り方へと近づくためのセラピー。
自分の深い感性とつながった生き方を取り戻していくセッションです。


【個人コンサルティング】
あなたの「ありたい未来」を明らかにして、実現への行動を引き出します。
そもそも、どうありたいのか?
「強い欲求」が鍵になります。
今いる場所からゴールへ向かう道は、小さな行動の積み重ねによって埋められます。


【心理カウンセリング】
つらい心の内や、人に相談できない悩み、
なかなか解決することのできない問題や、言葉にすることが難しい感情など、
来談者中心カウンセリングを元に、あなたの悩みの解決に向けてサポートします。




─────────────────────────────────

■てぃーだスマイルで学ぶ


【リスニングボディ・セラピスト養成講座】

からだを整えることと、心のメンテナンスを同時に行い、
心の詰まりを解放することで、からだをゆるませる。

<心とからだをつなげる>
ボディワーク&心理セラピー「リスニングボディ」

「心理学」「ボディーワーク」「カウンセリング技法」
「東洋医学」「コミュニケーション技法」などを融合した
オリジナル・新セラピーを学びませんか。






【プロフェッショナルセルフ発揮スクール】

自分の能力が充分に発揮できないのは、
それを邪魔する力「ネガティブ脳」が優勢になっているから。

あなたの力が最大限に活かされるモードになるには、
「ポジティブ脳」を活性化させる必要があるのです。

あなたが持つ能力を常に最大限に発揮できるようになる、
心理学や脳科学に基づいた理論と実践法を約3ヶ月で習得します。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ てぃーだスマイル コミュニケーション
 〒904-0303 沖縄県中頭郡読谷村字伊良皆311-3  
 TEL / FAX 098-956-4770
 http://teedasmile.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by teeda-smile | 2019-01-20 21:51 | 阪中ゲンのプロフィール | Trackback | Comments(0)

自己紹介をいたします。

a0142373_1932182.jpg
  

阪中 玄  (サカナカ ゲン) 

ー てぃーだスマイル代表 ー



大阪府出身 沖縄県在住


高校・大学の時から、
キャンプ教育という分野に浸ってきました。


子ども達が、不便な野外で、
他の人と関わりながら
飯を食う、寝床を作る、汗を流して遊ぶ。


その中で生まれる葛藤や、
自分を見つめる体験の中で、

気づきと成長をうながす
社会教育のひとつです。



この時期に、心理学を学び、
カウンセラーとしての訓練を受けました。

同時に、心理と身体との関係性にも、
深く興味を持つようになりました。




35歳の時に、家族で沖縄に移住して、
2004年「てぃーだ整体院」を開業。


これまでに学んだ心理学、
整体、コミュニケーション技法、
コーチングスキルなどを取り入れた、

オリジナル技法
【リスニングボディ】を創りました。


10年間で、約1万6千人の、
身体と心のケアを行ってきました。




からだの感覚を通して、
自分の心の状態を知り、

自分が生きたい人生を
生きる人が増えたらオモロい。





沖縄、大阪、名古屋、東京、静岡、愛媛などで
セミナーやスクールをやっています。



休日はサーフィン、
畑や庭の土いじりを楽しんでいます。

沖縄移住当初は、
一緒によく遊んだ息子たちは、
成人して県外で暮らしています。



音楽全般が好きで、
(疲れるとブルースを大音量で聴く)

とんかつとチーズケーキが大好物☆




【リスニングボディとは】

からだを整えることで、
心のメンテナンスも行い、

同時に心の詰まりを解放することで、
からだをゆるませる、

「心とからだをつなげる」
ボディワークであり、心理セラピー。


からだに表れる痛みや
不具合の調整はもちろん、

その原因となる、
心の「くせ」を外してゆくことで、
本来のあなたらしさが
溢れ出るサポートを行います。




好きな言葉は、

『 てぃーだスマイル 』 

~心に陽が射して笑顔あふれ出す~





●リスニングボディってなに?






─────────────────────────────────
 


■てぃーだスマイルで受けられるセッション

【リスニングボディセラピー】
からだの症状からこころ(無意識)の感じていることにアクセスし、
自分らしい在り方へと近づくためのセラピー。
自分の深い感性とつながった生き方を取り戻していくセッションです。


【個人コンサルティング】
あなたの「ありたい未来」を明らかにして、実現への行動を引き出します。
そもそも、どうありたいのか?
「強い欲求」が鍵になります。
今いる場所からゴールへ向かう道は、小さな行動の積み重ねによって埋められます。


【心理カウンセリング】
つらい心の内や、人に相談できない悩み、
なかなか解決することのできない問題や、言葉にすることが難しい感情など、
来談者中心カウンセリングを元に、あなたの悩みの解決に向けてサポートします。




─────────────────────────────────

■てぃーだスマイルで学ぶ


【リスニングボディ・セラピスト養成講座】

からだを整えることと、心のメンテナンスを同時に行い、
心の詰まりを解放することで、からだをゆるませる。

<心とからだをつなげる>
ボディワーク&心理セラピー「リスニングボディ」

「心理学」「ボディーワーク」「カウンセリング技法」
「東洋医学」「コミュニケーション技法」などを融合した
オリジナル・新セラピーを学びませんか。






【プロフェッショナルセルフ発揮スクール】

自分の能力が充分に発揮できないのは、
それを邪魔する力「ネガティブ脳」が優勢になっているから。

あなたの力が最大限に活かされるモードになるには、
「ポジティブ脳」を活性化させる必要があるのです。

あなたが持つ能力を常に最大限に発揮できるようになる、
心理学や脳科学に基づいた理論と実践法を約3ヶ月で習得します。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ てぃーだスマイル コミュニケーション
 〒904-0303 沖縄県中頭郡読谷村字伊良皆311-3  
 TEL / FAX 098-956-4770
 http://teedasmile.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





by teeda-smile | 2009-11-18 19:35 | 阪中ゲンのプロフィール | Trackback