人気ブログランキング |

プロフィール① 「泣き虫しずかちゃんの葛藤」





ぼくの名前は、
「玄」と書きます。


今は、友人や家族からも
「ゲンさん」とか
「ゲンちゃん」と呼ばれてますが、

「ゲン」というのは、
いわばリングネームみたいなもので、


本名は、
「しずか」って言うんです。
 

「玄」という漢字一文字で、
読みは、「しずか」です。



なので、当然ながら、
小さい頃は、
「しずかちゃん」と呼ばれていました。





しずかちゃんが生まれたのは、
大阪のお好み焼き屋です。

(実際に生まれたんは助産院です。
店内出産と違いますよ。笑)


母が一人でやってた、
小さなお好み焼き屋で、
父は、その店に来ていた
独身客だったそうです。


12歳上の姉は、
母の前の旦那さんとの子で、
ぼくとは父親が違う、
いわゆる種ちがい、ということになります。


ぼくが4歳の時に産まれた弟は、
亥年生まれにちなんで、
まっすぐ進め!の意味で
「直(すなお)」と名付けられました。





ぼくの幼い頃の性格を
一言でいうと、「泣き虫」です。

痛いとか、怖いとかは
もちろんですが、
感動系にも弱く、
なにしろよく涙が出ました。


自分では、泣かんとこう、
泣かんとこうと思うのに、
自分の意志とはうらはらに、
目から涙が溢れてしまいました。

ああ、また泣いてもた、
格好悪いなあ、
恥ずかしいなあ、

と、ずっと感じていました。


父は、そんなぼくをからかって、
「泣きしず」(泣き虫しずか)
と呼んでいました。




一方で、4歳年下の弟は、
一旦言い出したら、
大人がどうなだめすかしても聞かない、
強烈に、強い意志を持った男の子でした。


そのど根性ぶりがあまりに激しいので、

「ゴテる」
(グズグズ不平不満を言う、相手に無理難題をいう)

という言葉をあてて、
「ゴテすな」と呼ばれていました。



柔道2段の父は、
がっしりとしたガタイで、
周りからは「豪快な人」
として一目置かれていました。


父は、ぼくら兄弟の話を
よく聴いてくれて、

近くの銭湯への行き帰り、
3人で歩きながら、
幼稚園や学校での話をするのが日常でした。


ぼくも弟も、
そんな父が大好きで尊敬していました。





あかんたれの
「泣きしず」にとって、

親戚から「台風が来るぞ!」
とまで恐れられた弟、
「ゴテすな」は、

可愛い弟でありつつ、
嫉妬の対象でもありました。


豪快な父がよく、
「ゴテすな」の破茶滅茶なエピソードを、
とても嬉しそうに、
周りの大人たちに話していたからです。




自分のあかんたれ、
泣き虫癖をなんとかしたい。


その思いは、
思春期、大人になってからでさえ、

ぼくの行動や振舞いに
大きな影響を与えていたと思います。




a0142373_22195394.png
ぼくは、生まれたときに、おでこが顔の半分ありました。
その後、徐々におでこが狭くなってきて、今の割合になっています。
なので、100歳くらいまで生きたら、生え際と眉毛がくっつくことになるかもしれません。
 




____________________________________________



─────────────────────────────────
 


■てぃーだスマイルで受けられるセッション

【リスニングボディセラピー】
からだの症状からこころ(無意識)の感じていることにアクセスし、
自分らしい在り方へと近づくためのセラピー。
自分の深い感性とつながった生き方を取り戻していくセッションです。


【個人コンサルティング】
あなたの「ありたい未来」を明らかにして、実現への行動を引き出します。
そもそも、どうありたいのか?
「強い欲求」が鍵になります。
今いる場所からゴールへ向かう道は、小さな行動の積み重ねによって埋められます。


【心理カウンセリング】
つらい心の内や、人に相談できない悩み、
なかなか解決することのできない問題や、言葉にすることが難しい感情など、
来談者中心カウンセリングを元に、あなたの悩みの解決に向けてサポートします。




─────────────────────────────────

■てぃーだスマイルで学ぶ


【リスニングボディ・セラピスト養成講座】

からだを整えることと、心のメンテナンスを同時に行い、
心の詰まりを解放することで、からだをゆるませる。

<心とからだをつなげる>
ボディワーク&心理セラピー「リスニングボディ」

「心理学」「ボディーワーク」「カウンセリング技法」
「東洋医学」「コミュニケーション技法」などを融合した
オリジナル・新セラピーを学びませんか。






【プロフェッショナルセルフ発揮スクール】

自分の能力が充分に発揮できないのは、
それを邪魔する力「ネガティブ脳」が優勢になっているから。

あなたの力が最大限に活かされるモードになるには、
「ポジティブ脳」を活性化させる必要があるのです。

あなたが持つ能力を常に最大限に発揮できるようになる、
心理学や脳科学に基づいた理論と実践法を約3ヶ月で習得します。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ てぃーだスマイル コミュニケーション
 〒904-0303 沖縄県中頭郡読谷村字伊良皆311-3  
 TEL / FAX 098-956-4770
 http://teedasmile.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by teeda-smile | 2019-01-20 21:51 | 阪中ゲンのプロフィール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://teedasmile.exblog.jp/tb/239070578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< プロフィール② 「泣き虫しず... 「年賀状をもらうようでは、まだ... >>