書評「毎日15分自分と向き合えば、『欲しい結果』がついてくる」

まいど、

心理カウンセラーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。





長いことご無沙汰しました。


お察しの方もいるかもしれませんが、

「湿邪」にやられていました。



「湿邪」ってなに?という方は 
      ↓
「湿邪(湿気による体調不良)に負けない自分になる」




ここ一週間の沖縄の湿気、かなり強烈でした。

今日は、久しぶりに晴れ間が出ていて、

ようやく文章を書くという行動を選べました。




先日、高校時代の友人から、

「社員旅行で沖縄に行くから、逢えたらと思って。」

と、メールが届きました。



同じ高校から同じ大学に進んだ唯一の友人なんですが、

ぼくが2年間休学したりしている間に、

お互いの音信が途絶えていました。



久しぶり(20年以上かな)に逢って、

その友人が言ったのが、


「サカナカ、角がとれたなあ。」(笑)




当時、どんだけ角があったんや?という話しですが、

確かに、その当時と比べたら、

今の方がゴキゲン度が高いだろうと思います。




じゃ、なんで20歳前後の自分は、

それほどまでにギスギスしていたのかというと、


「怖かった」から


だと思います。




ナメられたくない、

自分に価値がないと思われたくない、


自分のことを低く見る相手がいたら、

闘って自分に価値があることを証明しなくちゃならない。


相手が圧倒的に自分より力があるならば、

みっともなく負けないように、

上手に逃げなきゃならない。


できるだけ、逃げてるとは分らないカタチで。



そういったことを無意識に考えていたんだろうと思います。





闘うか、逃げるか?


生物学者のウォルター・B・キャノンという学者が唱えた、


「闘争・逃走反応」そのものです。




恐怖に直面した動物が、交感神経を興奮させて、

闘うのか、逃げるのか、の選択を自身に迫る状態。



いわゆる生存脳が優位に働いている状態で、

とってもストレスです。




今日読んだ、池田順さんの本、

「毎日15分自分と向き合えば、『欲しい結果』がついてくる」


その中に、

結果がついてこない原因は、「怖れ」

という言葉があります。



自分には価値がない、自分にはできなかった、

自分に許可を出すことが怖い・・・

そういった気持ちが自分の可能性をつぶしている、と。



また、自分はダメだ、価値がないと思うあまり、

とにかく動き回っている・・・


それもまた、根本にあるのが「怖れ」であるので、

結果がなかなかついてこない、そしてとにかくしんどい。



著者の池田さんは、

自分に自信を持ち、自分を愛するためには、

他人の価値観で自分を計るのをやめることが必要だ、


と説いています。



そして、「自分の欲求」と向き合う。


欲求には優劣はない、

人と比べたりすることなく、

自分のやりたい、と思うことをする。



そもそも、「モチベーションがあがらない」のは、

やりたいことをやっていないから。



そして、毎日15分、自分だけの時間を作って、


自分の「怖れ」と向き合い、

自分の「欲求」と向き合う。





池田さんはそのための3つの質問を挙げています。


①自分にとって本当に大事なこと何なのか?

②この出来事が完璧だとして、自分はここから何を学ぶことができるか?

③自分は既に価値があり、やりたいことをしていいとしたら、どうするか?



ぼく個人的には、ラスト10ページくらいに書かれた、


愚かに、適当に、バカに、この世界を遊んで生きていく


という章が気に入りました。(笑)



昔、完璧になろうと必死でもがいていた著者の池田さんが、

あるとき、何のために完璧を目指しているのかが分らなくなった。



そして、

「ああ、もうバカで愚かでいいや、その方が楽しい」

と思うようになったそうです。


というか、自分はそもそもバカで愚かだった、迷惑もかけていた、

ということに気がつき、


そうした自分を受け容れたことで、

人の愚かさもバカさも迷惑をかけられることにも、

オーケーを出していこう、

と思えるようになったと言います。




カリスマブロガーとして活躍された池田さんの、

実体験をふんだんに取り入れて書かれた本です。


興味のある方は読んでみてくださいね。

a0142373_22531977.png






それでは、今日はこの辺で。







ありがとうございました。



てぃーだスマイルのリスニンングボディでは、
今のあなたのからだと心の状態に合わせた、
ボディワーク、心理アドバイス、小ネタ(実はこれが一番有効)を提供します。



【リスニングボディとは】

からだを整えることにより心のメンテナンスも行い、
同時に心の詰まりを解放することによりからだをゆるませる
「心とからだをつなげる」ボディワークであり、心理セラピー。

からだに表れる痛みや不具合の調整はもちろん、
その原因となる心の「くせ」を外してゆくことで、
本来のあなたらしさが溢れ出るサポートを行います。



予約問い合わせ 』 は、こちらからどうぞ♪


___________________________________________

●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」。
現在「まぐまぐ」でお読みいただいているこのメルマガですが、
今後、新しいメルマガスタンドへ移行することになりました。

こちらのフォームからご登録くださいね。

PC登録用:https://www.mshonin.com/form/?id=373139558
スマホ登録用:https://www.mshonin.com/sp/?id=373139558
携帯登録用:https://www.mshonin.com/i/?id=373139558

既に、まぐまぐでご登録頂いている方は、
お手数ですが、こちらから再登録をお願いいたします。
まぐまぐサービスの利用を終了した後(4月頃)は、
上記フォームに登録いただけないと、
「ココカラつなげる」が届かなくなります。



●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだスマイルのミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介


●メニュー





by teeda-smile | 2015-05-26 22:57 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://teedasmile.exblog.jp/tb/21278572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2015 日野晃ワークショプ ... 彼女の笑顔 >>