痛い想いをする権利

まいど、

心理カウンセラーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。





前回の記事では、


あなたが誰かのためと思ってやってること、

ホントに、その人の為になってますか?



という問いかけをしました。



その人のためって思ってやっていることが、

『私が気持ちいい〜〜』

っていう行動になってないか?




前回の記事 → 「それは誰が気持ちのいいこと?」




こうやってブログに何かを書くと、

一番その内容が深まるのは自分なんですが、




今日、リスニングボディのセッションでこんなことがありました。



ある女性の左の肩甲骨と背骨の間にコリがあって、

その方は、そこがものすごく気になっています。


また、脚の裏にも違和感があって、

気持ちが悪いと言われます。



肩甲骨のその部位は、

「人との関係性におけるストレス」が影響してることが多いので、


その話しをすると、

思い当たるところはある、とおっしゃいます。




また、脚の裏の違和感には、

「今自分がいる場所、置かれている環境、役割に違和感、不満がある」


そんな場合がありますというと、

それも納得です、と。





ここからはぼくの感覚で受けとった話しですので、

それが正しいかどうかはわかりません。



・・・けれども、今の時点でその方は、

何か自分が変化することは望んでおられず、


「変わりたい」と、口では言いながらも、

本音の部分では、愚痴を言っていたい、


そんな風に感じておられるように、ぼくは感じました。




そんなことは、誰にも経験があることです。

現状を変化させるには、変わらなきゃいけない。


それは分ってはいるけど、今その気力が湧かない。

だから、よくないとは知っていながら、だらだらを選んじゃう。




そんなとき、傍目で見ている人には、

色んなことがよく見えるもので、


その選択しない方がいいと思うけどなあ、

そのままいくと、しんどいし、痛い想いするのになあ。


なんて、

人ごとだからこそ思えることを、感じていたりします。






この方の身体は、

ある程度までは余計な力をリリースしたものの、

それ以上ゆるむことを選んでくれません。


この、それ以上ゆるまなくなった身体の状態と、

その方の心が、問題となっている在り方を掘り下げるのを選ばない状態が、

リンクしているようにぼくは感じていました。



もちろん、それはぼくがやっているからかもしれません。


他のセラピストが他のアプローチでアクセスすれば、

その方の身体がもっと好転する可能性はあります。




そのとき、そのクライアントがこうおっしゃいました。

「肩甲骨のところ、グリグリやったりしたら、やっぱ駄目ですかね?」



書き出すと長くなるので理由は端折りますが、

ぼくは基本的にはグリグリやらないボディワークをやります。



「うーん、グリグリ、ですか。やると痛いと思いますよ。

それに、一時的には痛みが消えた感じがするかもしれないけど、

原因のところが無くなる訳じゃないと思うんですが・・・・」



これは、ぼくの中では心の話しをしているのと同じで、


「愚痴をぐだぐだ言ったら、一時的にはスッキリするかもしれないけど、

原因のところが無くなる訳じゃないと思うんです」


という感じで、


ぼくとしては「愚痴の原因になってる、大本にアクセスしませんか?」

というキモチを感じていたのです。






でも、そのときに、ふと、あの言葉がアタマによぎったんです。



あなたが誰かのためと思ってやってること、

ホントに、その人の為になってますか?



その人のためって思ってやっていることが、

『私が気持ちいい〜〜』

っていう行動になってないか?






あ、この人は、

「痛い思いをしたいのかもしれない」


とぼくは、感じました。


「○○さん、少し、グリグリやりましょうか?」


その方は、「はい、お願いします。」とおっしゃいました。




肩甲骨の内側と、脚の裏。

ぼくなら絶対イヤだと思うくらいの「痛み」を、


その方は、「痛い、いたい、イタイ!!」と言いながら、

受け容れられました。



そして、終わった後、最初よりもすっきりした表情で、

「あー、肩甲骨も、脚の裏も楽です。」とおっしゃいました。





もしかしたら、その方はもうしばらく、

愚痴を言いながら時間とエネルギーを消耗させつつ、

「変わりたい」を表現する身体症状と共にあるかもしれない。



でも、それでいいじゃん。



彼女が「痛い想いをしたい」と思う自由を、

ぼくが、やいやい言える権利はどこにもない。


むしろ、それは「ぼくが気持ちいいこと」を

押し付けてるんじゃないか。


彼女が「体験する」というチャンスを

奪ってることなんじゃないか。




そんなことを考えさせられたセッションでした。




もちろん、「大本のところから変わりたい!」

と願う人には、

そうしたアプローチを惜しみなくするつもりです。



で、相変わらず、基本的にはグリグリやりませんが、

「グリグリしてほしい〜」という人には、

柔軟に応じることもありますので、言ってください(笑)


a0142373_18503348.png
注:セッションでカニは使いません。



前回の記事 → 「それは誰が気持ちのいいこと?」





ありがとうございました。



てぃーだスマイルのリスニンングボディでは、
今のあなたのからだと心の状態に合わせた、
ボディワーク、心理アドバイス、小ネタ(実はこれが一番有効)を提供します。



【リスニングボディとは】

からだを整えることにより心のメンテナンスも行い、
同時に心の詰まりを解放することによりからだをゆるませる
「心とからだをつなげる」ボディワークであり、心理セラピー。

からだに表れる痛みや不具合の調整はもちろん、
その原因となる心の「くせ」を外してゆくことで、
本来のあなたらしさが溢れ出るサポートを行います。



予約問い合わせ 』 は、こちらからどうぞ♪


___________________________________________


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだスマイルのミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介


●メニュー





by teeda-smile | 2015-05-05 18:55 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://teedasmile.exblog.jp/tb/21195110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 相手の幸福と自分の幸福 それは誰が気持ちのいいこと? >>