いつも心に花束を。

Nさんが2回目に来られたときに、とても素敵なお話を聴きました。

Nさんは1回目のセッションの帰りに、
「 てぃーだ整体院 」 のおとなりの花屋さんに寄って、
『 自分のためのお花 』 を買って帰ったそうです。

淡いピンクのバラと、オレンジのバラ、そしてカスミソウ。
その小さな花たちが 「 かわいくって、かわいくって 」 、
寝るときには寝室まで運んで、毎日話しかけてから眠ったんだそうです。

「よかったねー、Nさん。」

「私、バラが大好きなのに、今まで 『 バラは自分にはふさわしくない 』 って、
 自分で勝手に思い込んでて、あの日、お花屋さんに入ってからも、
 最初は、ちがう花を選ぶつもりだったんです。」

「そうなの?」

「でも、『 あー、やっぱり自分の一番ほしいものにしよう!バラだ!! 』 って、
 思い切って買ってみたら、ほんとにキレイでかわいくって。
 今まで、自分の一番欲しいものを選んじゃいけないって思ってたんだなー。
 いつごろからだろ?気づいたらいつもそう思ってた自分が、可笑しくて、かわいそうでね~」


Nさんが毎日話しかけて、水を替えたり、切り戻しをしてあげた花たちは、
2週間ものあいだ、Nさんを 「 見るたびに幸せな気分 」 にさせつづけました。


「ちっちゃいころ、よくお母さんから 『 好きなお花を買っておいで 』 ってお金を渡されて、
 お花屋さんで選んで買って帰るのがすごく楽しみでした。
 で、ほんとにどんなお花を買って帰っても、
 『 いいの選んだねえ。 』 って、 お母さんが言ってくれてたなあ。
 そんなことも久しぶりに思い出しました。」


a0142373_173562.jpg

by teeda-smile | 2010-03-04 17:39 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://teedasmile.exblog.jp/tb/10108517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 初回予約特別プレゼント♪ ~ ... 春のからだ④ 『 かお全体のス... >>