タグ:疲れがとれない ( 4 ) タグの人気記事

からだモードのつくりかた① ~半身浴のススメ~

眠りが浅くて、朝起きても寝たような気がしない、という方や、
緊張型タイプで、どうも肩や背中の力が抜けない、という方たちの多くは、
『 あたまモード 』 のままベッドに入っていることが多いようです。

『 あたまモード 』 とは、あたまを働かせながら仕事をしている時や、
一生懸命、問題解決をするために脳を使っている状態。
このときからだは、あたまに合わせて背骨の両脇の筋肉にギュッと力を入れて、
いわば、「戦いモード」になっています。

逆に、リラックスしてゆ~っくり好きな音楽を聴いたり、
ヨガやストレッチなどでからだの感覚に耳を傾けている時は、
あたまモードのスイッチが切れて、『 からだモード 』 に切り替わっています。

『 からだモード 』 にしてから眠ると、良質で深い眠りに入ることができますよ。
そこでまずオススメするのが 『 半身浴 』 です!
寒い季節は、からだの冷えやすい方の湯冷めしない入浴法としてもとても有効ですよね。


~ 『 半身浴 』 のススメ~ 簡単にポイントだけをまとめておきましょう。

①まずはコップいっぱいの水を飲みましょう。

②ふだんの適温よりもすこしぬるく感じる温度で、おへそが隠れるあたりの深さまでお湯につかります。

③最低15分。顔や背中から出る汗がとまらなくなってきたら上がりどき。

④入浴後に出てくる汗は、乾いたタオルでこまめに拭きましょう。



最低15分と書きましたが、「15分も入れない!」という場合、
お湯の温度が熱すぎます。もうすこしぬるめで。
寒い季節は上半身が冷たくなってしまうので、
Tシャツを着て入るなどして肩や背中を冷やさないように。

お湯につかりながら雑誌をながめたり、アロマオイルを入れるのも楽しみのひとつですよね~。
『 半身浴 』 のときにオススメのアロマオイルを、
北谷にある、バッチフラワー&アロマの癒しのお店 『サニープレイス』の、比嘉倫子さんに紹介してもらいました。

「私も手足がよく冷えるので、半身浴も全身浴も大好きです。 オススメは
 ★ローズマリー(血行促進、沈んだ気持ちを元気に)
 ★オレンジ(リラックス作用、落ち込んだ心を元気に、食欲不振・過食、便秘や消化不良を改善)
 それに
 ★ラベンダー(ストレスや緊張をほぐし疲れた心を回復、筋肉痛や生理痛・頭痛などの痛みを緩和、不眠症などにも。
         皮脂のバランスを整える効果で、にきびや湿疹、やけどや傷などを改善。)
 をプラスすることで、また香りも楽しめて相乗効果も期待できますよ!
 もちろん単品使いでもかまいませんし、3種ブレンドもオススメします。」



倫子さん、ありがとうね。
サニープレイスの、「パッチフラワーレメディ」もオススメですよ。
私は倫子さんにカウンセリングしてもらって、レメディをつくったんですが、
倫子さんに自分の感情を聞いてもらうだけでも、心が整理されすっきりしてきました♪

     
ちなみに、「半身浴すると耳にお湯が入って・・・」って人いるみたいだけど、
それ、間違ってるからね~
右半身と左半身じゃなくて、上半身と下半身のうち、
下半身をお湯に浸ける「半身浴」だからね~~(笑)

シュノーケル使ってる人も、間違ってるよ!
(それ、上半身浴!)
[PR]
by teeda-smile | 2010-01-20 13:01 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

『 やる気はあるのに、からだがついてこない~ 』

やりたい気持ちはとってもあるし、前はこれくらいできたはずなのに、
近ごろ、どうもからだがついてこない・・・という方。

次の項目のどれかに自分は当てはまる!ってものはありますか?

●元気はあるんだけど肩や背中がこっている。
●人から「肩がこってますね」といわれたことがあるが、自分ではあまり感じない。
●ときどき気になるからだの症状はあるが、仕事や人生は順調だ。
●身近に元気がなくて落ち込んでいる人がいる。
 
上の項目に当てはまる人の多くは、気力に満ち溢れた「ガンバリ体」の背中を持っています。
背中から腰がパンパンに張っている「ガンバリ体」の人の特徴は、ポジティブ。
問題解決が得意なリーダータイプで、周りの人を引っ張っていく力に優れています。
がんばることが当たり前だと思っているので、少々の不調は「気合い」で乗り切ります。(笑)

しかし、その人がポジティブであればあるほど、反対側のネガティブのポジションに「誰か」がいます。
その「誰か」の一番候補は、パートナー。
超前向きな旦那さんの横では、心配性の奥さんが「大丈夫なの?」とつぶやいています。
または家族の中に元気がなくなる子が出る場合もあります。
職場に休みがちな部下がいることも。

「ガンバリ体」の人はポジティブなので、あまり問題を問題と感じていません。
または、問題が生じても、「こうこうこうやったら解決だ。次!」って感じで、
そのプロセスにあまり注意を払うことはありません。

それと同じことが、からだとの関係でも起こっています。
肩の張りや背中のこりというサインをいくらからだが出しても、「問題ない!気合だ!」(笑)

やがて、からだは突然のボイコットを起こすことがあります。
ぎっくり腰や、緊急の入院・手術の必要な疾患となって表れることもありますし、
突然のケガや事故などもこのバランス調整のため、と考えることができます。

そうなってしまう前に、からだの声に耳を傾けてみましょう。
『 インスピレーションウォーク ~感じるためのひとり散歩~ 』 もオススメですよ。



『 予約問い合わせ 』 は、こちらから。
[PR]
by teeda-smile | 2009-12-17 18:57 | 身体症状の意味 | Trackback | Comments(0)

『 手足のむくみ、からだの疲れをとる ~テアシブルブル・ワークのススメ~ 』

ここでは、難しいセルフケアの紹介はなるべく控えて、
カンタン♪ だけれども、効果の高いセルフケアの方法を伝えていきますね。


手足のむくみ、とくにふくらはぎのむくみに困っている方、
「今日一日ハードだった、疲れたよ~~~」という方は、
ぜひこの 『 テアシブルブル・ワーク 』 を試してみてください。

正しくは 「 毛管運動 」 というものですが、
効果てきめん!!今までにこのワークをやってむくみが取れなかったという方は、
ほんとうに一人もいないのです。


≪ テアシブルブル・ワーク  やり方 ≫

①あお向けに寝ころんで、両手両足を真上にまっすぐ伸ばします。
 
②手の指は天井へ向け、足裏は水平にしたまま、手足をブルブルブルッと振動させます。

③最初は1分間から慣れたら2分間 (朝夕の二回) を目標にします。



結構、腹筋を使うので、おなかの筋肉も鍛えたいという人には一石二鳥。
しんどい人は、おしりと床のあいだにクッションを挟むとずいぶん楽にできます。

ぼくは20年以上、このワークをやっていますが、
疲れた日は、寝る前にベッドでこれをやってから眠ると、
翌日の回復がまったくちがうのを実感できます。

朝、からだがだるくてなかなか起き上がれない時も、
ベッドの上でブルブルブルッとやると、
からだが動きやすくなっているのに気づきますよ☆



『 予約問い合わせ 』 は、こちらから。
[PR]
by teeda-smile | 2009-12-10 17:43 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

「からだがきつくて動けない~・・・歪みの調整とともに心も軽く♪」

「 抱っこ 」 「 おんぶ 」 が、仕事の一部ともいえる保育士さんのTさん。
最初に来られた時は、腰の痛み、首の痛み、足のしびれ、目の重さ、
そしてからだ全体の疲労感で、ほんとうにつらい状態でした。

根気よく通われる間に、骨格の調整も進み、
それにつれて表情も軽やかになられたようでした。

たくさんの子どもたちの今と未来のために、
笑顔で保育に励んでおられるTさんを応援しています。
a0142373_1885851.jpg

[PR]
by teeda-smile | 2009-12-08 18:09 | お客さまからの声♪ | Trackback | Comments(0)