タグ:心の風景 ( 18 ) タグの人気記事

「パンツでも脱いで・・・」

まいど、てぃーだスマイルの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。
まあ、上がってパンツでも脱いでってください。


「まあ、上がってパンツでも脱いでってください。」


これ、中学の時にラグビー部で流行ったセリフで、当時、センターというポジションで抜群のセンスを発揮して、大阪の中学ラグビー界で知らない人がいないほどの名選手だった、F井くんの鉄板ギャグでした。

今でも時々思い出してつい、口にしてしまうことがあります。さすがに整体院に来られたお客さんには言いませんが、リスニングボディ・セラピストの気心知れた仲間にはたまに言います。

まあパンツ脱ぐくらいリラックスして自分さらけ出してもろて構いませんよ、って意味なんですけど、ふつうリラックスしてもパンツは脱がんか。本気で脱がれても困るんですが。



実は最近、「もう、パンツ脱いだろかな?」とよく思っていてるんです。(えらい告白ですね)何度も「もう、脱がんとあかんやろ?」みたいな気持ちが心の扉をノックノックしてくるんです。

沖縄に移住してから11年。てぃーだ整体院を開業して今年で10年になるんですが、通勤時間5分、スーパー、コンビニ5分、海まで5分、大阪や東京に行きたいときは空港まで40分、っていうめちゃくちゃ恵まれた環境で暮らし、仕事をしています。

大阪にいた頃は、考えるだけで胸がキュン、となったあこがれの仕事。心理学、ボディワーク、コーチング。人のカラダとココロを元気にして自分も楽しく生きて行けたらどんなにいいだろう、できるかな?できるやろ?今までだってやりたいことをやってきた。めげそうなときも「いけるやろ」と思って、実際にそうなってきたやん、そう言い聞かせて、やっとたどり着いた場所。

そんな自分にとっての夢の仕事で暮らしていることに、めちゃ満足してるし、ほんまに嬉しいし、有難い。でも、でも、ここ数年、感じてたことは・・・


「なんか、まあまあやな。」



いつの間にか現状維持に満足してない自分がいる。そんなこと思ったらアカン、と無意識に考えていました。すごく恵まれてるのになにが不満なん?夢が叶ったと思ったら、また次を望むの?それってわがままじゃないの?


あ、今思い出した話を挿し込みます。沖縄の小さなアパートに移住して数年経った頃、子どもたちも大きくなってきたし、いよいよ大きめの家で暮らしたいな、ってことで、庭のある大きな外人住宅に引っ越しました。リビングは20畳位、寝室も10畳超、息子たち二人に一つづつ部屋を与えても、まだ一部屋余る。大阪の、壁が横の家とくっついた小さな家で育ったぼくには、あこがれの一軒家でした。

そこで暮らし始めて少しすると、次男のK人がニコニコしながら言いました。

ゲンちゃん、K人さ〜、このお家もいいけど、新しく建てたお家で住みたいな〜。」


は〜〜〜〜??やっとのことで、こんなおっきなお家に住むことができて、やれやれホッとしてまだ間もないのに、次のお家の話?しかも新築に住みたい??勘弁してよ〜〜、と正直思いました。なんか適当な事言ってその場をやり過ごしたと思います。ちょっと怒ってたようにも思います。でも、次男のその言葉がぼくの中にずっと残っていて、結局、それがきっかけになってうちの家族は新築の家を建てることになったんです。(そのいきさつもオモロイんですがそれはまた今度。)


で、この話、まだつづきがあります。友人の建築士にお願いして、こんな家に住めたら最高だな、って家族それぞれが思えるようなお家が建ちました。びっくりでした。自分が、大阪であんなオンボロ家で育ったぼくが、こんなに素敵なお家に住めるなんて。子どもの頃からの夢が叶った瞬間でした。そして、お家が引き渡され、まだ家具も何もないまっさらなお家の新しいリビングで、妻が言ったんです。

「ゲンちゃん、なんかわかんないんだけどね、
 わたしもう1軒、お家を建てるような気がするの。」



は、は、は〜〜〜〜〜??ようやく、ようやく新築のお家が手に入ったその、その日に、まさかの、もう1軒お家を建てます宣言! しかも理由は、「なんかわかんないけど」(笑)で、ね、妻の「なんかわかんない」ときのビジョンは、基本的に実現するんです。これまでの実感的データによると。



ものすごい長い挿し込み話になりましたが、言いたいのは、こういうことです。



そう。
夢が叶ったなと思ったら、また次を望むの。




もう、「まあまあ」は要らんのです。「めっちゃええ」がいいんです。また、旅に出るんです。といっても沖縄を離れるって意味じゃなくて、今まで観たことのないような景色が見たいんです。仕事でも、生き方でも。それには、「脱ぐ」必要があるって感じています。


昨日、今年度から契約した会計士の方に来て頂いて、そんな想いを伝えました。そしたら経営という観点から「もっと存在を知ってもらう必要がありますよね。たとえばブログなんかでもそうしたことを意識しておられますか?」と訊かれました。

いえ、どちらかというとちょっと控えめ、というか、皆さんに受け容れてもらえるように・・・みたいな感じでアクを薄めて書いていました。あんま目立たないようにって感じで。

今朝、専属コンサルタントからも言われました。「ゲンちゃんのブログってなんか、いいこと書いてますー、って感じで、どうなのかなーって思っちゃう。偉そうとまでは言わないけど、こう、親しみみたいなのがあんま沸かないのよね。」って。 相変わらず直球のキレがいいようで。




そんなわけで、脱いじゃうことになりました。流れで。次に行くなら「脱ぐ」ってことらしいので。そうします。流れに乗りたいので。

でもでも、気になってたのが、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」通称「ココカラつなげる」です。これ、ブログにもアップしてますが、まぐまぐからメルマガとして発行していて、これはこれで短い文章にエッセンスが入っててオモロイんです。って、自分の書いた文章オモロイって言うの、おめでたいですよね。けど、昔から好きなんです、自分の書いた文章読み返すのが。この、「ココカラつなげる」バックナンバーが246個くらいあって、久しぶりに読んだら、「オモロイな〜」と思って、それぞれ読み切りなもんだから何個も続けて読んでしまって、「ええこと書いてるな〜」とか、心が動いてちょっと泣きそうになったりとかして。(笑)


で、読んでるうちに、プレッシャーになってしまって、最近書けなくなってたんです。「こんなオモロイんのん、俺、書かれへんわ・・」って(笑)アホ丸出しですね。でも、これもやはり書くことにします。あとで、まとめて本にしたいんです。読んだ人がココロやカラダをみつめるきっかけになって、自分を大事に、誰かを大切に感じることにつながってほしいから。


決めました。ブログは今日みたいな「パンツ脱ぎ捨て自己開示的文章版」と、短いセンテンスでココロとカラダをつなげる「ココカラつなげる版」の両方を、かわりべんたんに書くことにします。どっちもが、ぼくの感性です。イケイケで、泣き虫で、自分が好きで、女性が大好きなぼく。あ、男たちも好きです。人間が好きです。これからも宜しくお願いします。


脱ぐと、なんかスースーして、心もとない感じがします。
が、気持ちいいですね。







___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



■セミナー、ワークショップ、イベント等情報■

●2014/04/16(水) リスニングボディ&kokokaraコラボワークショップ

●2014/03/09(日)〜2014/04/16(日) 
 リスニングボディ・セラピスト養成講座(毎日曜日5回・全10コマ)


●2014/05/20(火) 夢を叶えるからだ作りセミナー
             in サニーまるかん(斎藤一人さんのお店 読谷) 


[PR]
by teeda-smile | 2014-03-20 20:13 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(2)

「ふう、と息をついたら、」


ふう、と息をついたら、
秋が来ていた。



今年の夏は暑かった。熱かった。
爆走しておりました。

ブログの更新、メルマガ配信も止まったまま。
心配してお声をかけて頂いた方々、
ありがとうございました。


6月のガイアシンフォニー上映会、
7月の日野晃先生ワークショップ、
そのままの流れで爆裂に忙しかった8月。

いつごはんを食べる時間を作れるか?
と、大げさではありますがそのような日々でした。

そして、すーっと波が引いたように訪れた、
8月終わりからの静けさの中で、
冒頭の感想を感じたのです。



イメージ的には160%のチカラで走ってた感じ。
スピードゆるめて観てみると、
やはり色んなところに影響が出ていました。

まず、おうちの庭の草がボーボー。
オヒシバ、メヒシバ、スズメノカタビラ、
オオニシキソウ、ハイキビ、サシクサ、ギンネムなどなど、
荒れ野のごとく雑草が夏を謳歌しておりました。

そしてぼくの顔面にも髭がボーボー、
というのは嘘ですが、
咳がずいぶん長く止まらなかったり、
親知らずの奥の歯茎が腫れたりしていました。



庭の草を刈り、植物や畑の手入れをし、

こころとからだの声に耳を傾け、

わがままな欲求を大目に受け入れてやり、

身体の手入れを存分に行いました。



はあ、秋ですね。



カラダとココロと向き合おう、
と感じているのはぼくだけではないようで、

ここのところ久しぶりの方からの予約が多く、
互いの近況を伝え合ったりしながら、
なにかがちゃんと整ってきている感じがします。

整体院前の観葉植物たちもいい感じに育っています。


秋バージョンの自分、
整えに来てくださいね。






[PR]
by teeda-smile | 2013-09-13 21:27 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

「来年は、どんな色?」


2012年、ぼくにとって今年のタイトルは、

「分かち合いのとき」


これまでに教わったことや、
いただいた気持ち、こころ。

これからも大切にしたいと思うことを、
勇気を持って分かち合い始めた年でした。



2013年は、オレンジ色を胸に感じながら、
こんなタイトルで行こうと思います。

「そのとき、それぞれの花ひらく」



そして、2013年が終わったときに、

「よく育ったなあ。すばらしいなあ。」

って、感想を言えたらいいなー。




今日は冬至。

夜の長さを味わったからこそ、
感じられるものがあるかもしれない、

という思いで、
新しいことをスタートしようと思います。




ちょっと早いんですが、

今年一年ありがとう。
来年もよろしくお願いします。




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


Q.2013年、どんな色を感じていく?


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~








[PR]
by teeda-smile | 2012-12-21 12:22 | 一日1分。ココカラつなげる | Trackback | Comments(0)

お客様の声シリーズ♪ 「 考える前に、飛べ。」

あ、そうや、これ!

って、ふと意識にあがってくるなにかがある。



けど、次の瞬間、


でもな、これやらなあかんな~とか、

これやるには、先にこっちしたほうがええかもしれんし、


あれもやっとかんとあかんから・・・

なんやら、かんやら・・




で、いつも

ひらめいたことは、後回し~~~





ちゃうで、考える前に、


ピョーン!!


飛ぶんやで。







(なぜか大阪弁で浮かんできました。^^)



a0142373_14435611.jpg





a0142373_14442141.jpg

[PR]
by teeda-smile | 2012-01-10 14:48 | お客さまからの声♪ | Trackback | Comments(0)

「 発信したものが還ってくる。 」

今日は七草粥の日ですね。

新しく始まったこの年は、

どんなものや事柄を、
自分の元へ引き寄せたいですか?



「引き寄せの法則」 などでも解説されているように、

ぼくたちのいる世界では、
自分が発信したものがそのまま還ってくる

という考え方があります。



いつも怒っていれば、
ムカツく出来事が次々に起こるし、

なんとなく不安でいれば、
理由のない不安感にさいなまされる。



今朝、朝イチで来られた方とそんな話をしていました。

そして、施術が終わり料金を頂くときに、


「お金を頂くときには、自然にありがとうございますと思えますが、
お金を支払うときに、お金が減ることにフォーカスするのでなくて、
有難いなあと、感謝を発信するのは意識していないとむつかしいですね。」

とぼくが言ったところ、


その方、「あっ!」と言った後、

「もう一回やり直させてください!!」

と即座に言われたんです。(笑)



ぼくはビックリしながらも、

「すばらしいですね、それ! もう一回やり直しましょう!!」

と言って、頂いたお金を一旦お返しし、

改めて料金を受け取りました。



その方は、にっこり笑ってぼくの目を見ながら、

「ありがとうございます。」

とおっしゃいました。



お金に向けて、感謝を発信したその方には、
感謝がくっついたお金がやってくるかもしれませんね。

ぼくはお代を2回受け取ったことで、
感謝を2回発信できて、得した気分です。^^




あなたはどんなものや事柄を、
自分の元へ引き寄せたいですか?


今感じていることが自動的に発信されて、
未来の自分が受け取る現実になるとしたら、


今のあなたは、どんな気分でいたいですか?






いつもありがとう。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

a0142373_15514518.jpg








『メール予約・お問合せ』
[PR]
by teeda-smile | 2012-01-07 15:57 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

日常で起こることと、からだに起こっていること。

施術中に、クライアントの方からお聴きした体験話です。

その方は以前、心の元気を無くしてしまい、
ある病院に入院することになったそうです。

病院での生活は心が休まらなくて退院したいけど、
なかなか担当のお医者さんが回診に来てくれない。

数日してようやく診察に来たお医者さんに、

「なんでちゃんと話を聴いてくれないんですか!
今までの間ずっとしんどくて、看護士さんにもそう伝えてたのに!」
と、その方は怒りをぶつけました。

するとお医者さんは、
「あのねえ、あなたよりしんどい人はいっぱいいるんですよ」
と言ったそうです。

その方は激怒してさっさと転院した、というお話でした。



そのクライアントの方は、とっても頑張り屋さんで、
「でなければならない!」という強い意識が肩の張りとなって出ています。

また、心配事や不安に思うことがあるのですが、
あまり人に相談などをしないタイプなので、
背中の真ん中辺りがパンパンに張っています。

ぼくは、からだの出すメッセージを代弁する役割なので、
「○○さんの内側の心は、もうこれ以上頑張るのは大変だ~って言ってますけど」
と伝えました。

すると、その方は、
「いや、私より頑張ってる人はいっぱいいますから。」
とおっしゃいました。


これって、さっきのお医者さんの言った言葉と似ていませんか?


心の内側では「もうしんどいよ。限界だよ。」と感じていて、
からだはそれを、コリや張りという形で表現して意識に伝えようとしています。

けれどもアタマは、「忙しいのにそんなことにいちいち構ってられない!」
と取り合ってくれません。
内にある感性は、長い間ないがしろにされつづけています。



こうして、からだとアタマの間で起こっていることは、
ぼくたちの日常での人間関係や家族、仕事の中で、
同じような図式で再現されています。


不思議といえば不思議です。
そしてなんとも興味深いですね~。

[PR]
by teeda-smile | 2011-06-15 22:23 | 身体症状の意味 | Trackback | Comments(0)

男前な彼女

先日、父が亡くなり、
10日ほど大阪に戻っていました。

母の暮らす環境を整える必要なんかもあって
しばらくぶりに実家で過ごしました。


ある晩、中学時代に同級生だった女の子が連絡をくれて、
「今からちょっと出ておいでーや!」と誘ってくれました。

実家から歩いて10分ほど。
若い頃よく通った店に入ると、
カウンターに一人で座った彼女が、

「いろいろ大変やと思うけどなー、
せっかく大阪帰ってきてんから、気分転換にちょっとぐらい飲もうやー。」
と笑いながら言ってくれました。

彼女はずっと地元で暮らしていて、
元ヤンキーの怖い先輩から真面目でまっとうな同級生まで、
分けへだてなく関わることのできる、ほんとに気さくな性格。

年に一回、ぼくらラグビー部が集まる、オトコだらけの集会でさえ、
ゲスト(?)で参加するような、友達甲斐のあるやつなのです。


ぼくはビールを何杯か飲みながら、
情報通の彼女が知る、同級生たちの「今」を、
たくさん聞かせてもらいました。

「へ~~え、あいつ自分の会社興すタイプなんか思わんかったけどな~」

「うそ~~、△△ちゃんはシングルマザーなったんか。」

「そうか~、あいつとは誰も連絡とられへんねんなー。」


ひとしきり話をして、酒もほどよく回ってきたころ、
「そうや、○○やんのやってる店行こか!?」
と彼女が言い出しました。

タクシーで行くのかと思ったら、
彼女、「私、チャリやから、後ろ乗り。」って。

「えー、チャリ?せめてオレ運転するよ。」
「ええから、私いつもこうやねん、はよ後ろ乗って。」

なんちゅう男前やねん、こいつは・・・。
と思いながら、○○やんの店に到着。

○○やんも満面の笑顔で迎えてくれ、
「まさかおまえとこんな風に酒飲んで、歌うたうとは思わんかったわ~」
とそれから時間を忘れて同級生一緒に盛り上がったのでした。


自称、「アラフォーでますます女に磨きのかかるキョンキョン」
という彼女が、
「サカナカに、この歌贈るわ。」と言って歌ってくれたのが、

Mr.Childrenの、「HANABI」 という曲。

その歌詞の中に、

 誰も皆 問題を抱えてる
 だけど素敵な明日を願っている
 臆病風に吹かれて 波風が立った世界を
 どれだけ愛する事が出来るだろう?
 もう一回 もう一回 もう一回 もう一回


というフレーズがあり、
ぼくは、その日聴いた同級生たちのいろんな境遇や、
自分自身の「今」も重ねながら、その言葉をかみしめました。


○○やんの店を出たら、完全に空は明るくなっていて、
通勤に向かう車が走り始めていました。

自称キョンキョンをチャリの後ろに乗せておうちへ送った後、
歩きながら実家へ帰る途中に思ったことは、

「しかし、男前なオンナやなあ。
ほんで、こんなに豊かに生きてるヤツもなかなかおらんなあ。」
ということでした。

皆から、「おまえが店出したら超繁盛するで!」と言われながらも、

「ええねん。私はやりたいからやってんねん。
お金もらって、やりたくない人にまで、やりたくないことやりたないねん。」

と言い切る彼女の男前ぶりに、
「うん、かっこええ。」
と、一人ニヤニヤしながらふらつき歩いた大阪の朝でした。



次の日にもらったメールにはこうありました。

「楽しい時間をありがとう。
私はちゃんと娘の弁当作って仕事行きましたが、
二日酔いどころか普通に酔ってて、なんか変に面白かったです(笑)」
[PR]
by teeda-smile | 2011-06-13 21:08 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

「 着々と進んでいく 」 (つづきのつづき)

とは言っても、

いつでもそうスッキリ割り切れるものじゃあないし、
...の余りがあって、

それだから、
いとおしい。

カタチの定まらないもの孕んだからだを感じながら、
それもひっくるめて、進んでいく。

チャクチャク、チャクチャク、チャクチャク・・・
[PR]
by teeda-smile | 2010-12-04 12:28 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(2)

「 着々と進んでいく 」 (つづき)

「着々と進まないブログ」と、Tちゃんに指摘された(笑)お話のつづきです。

思いを寄せていた女の子から巾着袋を作ってもらい、大喜びのぼく。
しかし、その柄が男友達の彼女が作ったものと同じで、微妙な気分、というとこまで書きました。

その時の割り切れない思いに心を引きずられてしまいましたが、
実は、柄については本題と関係ないんです。



で、その数ヶ月後、ぼくは彼女からフラれてしまいます。
思い始めて1年以上、つきあったのほんの数ヶ月。

もちろんぼくはその巾着袋を捨てられませんでした。

もらった手紙や、一緒にデートしたときに観た映画の半券、
そして巾着袋を見ては、
「人生には、こんなに強く思っても叶わないことがあるのか」
ということを何度も考えては打ちのめされました。

家族や友人の前では普通に振舞いながら、
心は暗い失意の底をさまよってるときって、ほんとつらいですね。


ずいぶん長い間、その苦しみを味わった後、
ぼくは、夜、おうちを抜け出して人の少ない河川敷に行き、
その女の子にまつわるもの全てを焼きました。
もちろん、あの大事な巾着袋も。

そして、ようやく進み始められた。


加藤諦三氏は、
「執着性格者はあるものに執着するが、それに対する愛着があるわけではない。
彼らは執着しているだけなのに愛していると錯覚しているのだ。執着と愛着は違う」
と書いています。

これって、けっこうゴッチャになりやすいし、
知らない間に入れ替わってたりもしますよね。

「執着」は、恐れや不安、満たされない思いから生まれるのに対して、
「愛着」は、愛に根ざしている、と言われます。

「執着袋」にモノがいっぱい入ってると、重くて重くて進めない感じ。
「愛着袋」の底には穴が開いてて、入れる度モノはなくなっちゃうから、いくら入れても軽いまま。
でも、ほんとはなくなってない、ってわかるから、満たされた思いは増えていく。

「執着」は手放せないけど、「愛着」は手放すことができる。(ちょっと淋しいけどね)

「執着袋」と「愛着袋」
着々と進んでいくには、どっちの袋にしましょうか。



===================================
 からだに表れるざまざまな感覚や症状は、
 心や意識の奥深いところから発せられたメッセージ。
 からだの声を聴いて、自分らしく生きる♪

カラダ★よろこぶ♪  『 てぃーだ整体院 』

≪ 住 所 ≫  〒904-0303 沖縄県中頭郡読谷村字伊良皆311-3
≪ T E L ≫   098-956-4770
           (完全予約制・日曜定休)
≪受付時間≫  10:00am-7:00pm (最終受付)
           
『 初回ネット割引予約 』 は、こちらから。
[PR]
by teeda-smile | 2010-12-02 18:22 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

「 着々と進んでいく 」

中学生の頃、つきあってる女の子から手作りの巾着袋をもらう、というのが、
男子にとってこの上ないステイタス、という時期がありました。

長く思いつづけた女の子から、念願の巾着袋をもらったぼくは、
大喜びで親友のJに報告しました。

「 おお、ゲン、よかったのう。オレもオレの彼女からもらってん。 」
「 おお、J 、おまえももらったんか。よかったやんけ~ 」

で、Jのおうちで自慢の巾着袋を見せたところ、
「 あれ?これ、オレのんとおんなじ柄やん! 」 と、J。
「はー!?うそつけ!おまえのん見せてみい。」 と、ぼく。

そしてお互いのものを見せ合ってみると・・・
おんなじ柄やん・・・。


ぼくの彼女とJの彼女も親友同士。
二人の女の子たちは、自分たち二人の柄をおそろいに、
そして、ぼくとJの巾着袋を、別の柄でおそろいにしてたんですね・・・。

・・・なんでやねん!!


あー、なんかリアルに思い出してきたなあ。
学校行くたび、ぼくの彼女とJの彼女がおそろいの巾着持って歩いてて、
ぼくは、Jと同じ巾着で。
ものすご、微妙な気分なったもんなあ。。。

なにを書こうと思ったのかわからんようなってきたので、
つづきは今度!
[PR]
by teeda-smile | 2010-11-25 16:14 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)