タグ:からだを自分でケアする ( 13 ) タグの人気記事

「冬のからだケア その2」

ハイサイ、てぃーだのゲンです。

成人式の時期ですね。
ぼくの上の息子も昨日、成人式だったんですが、

内地からの帰省中、ほとんど家におらず、
夜中に帰ってくるので顔を合わせることも稀でした(^^;)

まー、若いときはそんなもんですね。




今日は、冬のからだケア2 <衣> 
をお伝えします♪


前回、冬のすごし方で大切なのは、
「冷え」と「乾燥」から、からだを守ること。

冷えも乾燥も、血液の流れに悪影響を及ぼして、
色んな不調の元になってしまう。

とお伝えしました。


じゃあ、どんな対策をすればいいのかを、
一緒に見て行きましょう♪



その前に・・・、

「冷えてる人」には,
二種類の人がいます。


ひとつは、体質的(後天的なものも含めて)に冷えが入りやすく,
色々対策するけど、なおも冷えてしまう人。

もうひとつは、冷えに鈍感であまり対策もとらず、
自分が冷えていることにも気づいていない人。

自分がどっちか分からない・・・
という人もいると思いますが、


肩こりや腰痛、生理痛、
下痢や便秘、不眠やイライラ、

こんな症状のある人は
まず「冷え」対策をやってみてください。


そして体温を上げて身体の循環をよくすることで、
こうした症状が緩和したり消えることがよくあります。



やって損はない「冷え」対策。

めざすは、
<あったかしっとり衣食住+ココロカラダ>です。



<衣>

冬の衣類ですが、意外~に、
あまり意識してない人が多いことに驚きます。

この寒いのに、Vネックのセーター? 七分袖?
スカート? サンダル~~??

首回り、指先~手首、足首~ふくらはぎは、
確実に冷えから守るべき最重要箇所。


マフラー、手袋、レッグウォーマーのほか、
冷えとり靴下の重ね履き(絹の五本指ソックス+綿やウールの靴下)も
ぜひ試してみて下さい。

履くのが面倒ではありますが、
足下を冷やさない効果は抜群です。


朝起きてすぐに五本指を履くのは面倒なので、
ぼくはまず普通の靴下を履いて動き出し、

散歩が終わってから身支度の時に
五本指ソックスに履き替えます。



それから、ヒートテックに代表される薄手の発熱保温インナーも、
各社色んなものをリリースしていますね。

確かに動きやすく温かいですが、ナイロン素材が苦手な人は、
やはり、綿やシルクのシャツが肌に優しいですね。



おしりの冷え対策と言えば、
毛糸のパンツならぬ、女性用のあたたかい裏起毛インナーも、
デニール数によって温かさや厚みが選べるので便利ですね。



それから、カンボジアに住む友人にもらった,
クロマーと呼ばれる、
綿で織られたスカーフがあるんですが、

これ一枚あると、
とってもこまめな冷え対策ができます。

首に巻いたり、膝にかけたり、おなかを温めたり。
寝るときも枕元に置いて、冷える夜には頭にかけたり。
乾燥した日には口鼻を覆って、マスクのようにも使えますよ!



おなかや腰が冷える人には、
絹の腹巻も心地いいそうですね~。

友人からの報告によると、
おなかも腰もさらさらポカポカ。
ぼくも試してみようかと思っています。



こうして、
身体にまとうものを色々工夫することで、
冷えや乾燥はかなり防ぐことができます。

面倒がらずに自分に合った素材を選び、
こまめな調整で快適な状態を保ちたいですね。


次回は、<あったかしっとり衣食住+ココロカラダ>の、
<食>をお伝えします。^^



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎【お知らせ】 

☆雑貨とアイソレーションタンクのお店 Lenka が、
宜野湾市嘉数に移転して、新店舗がオープン!!


友人のじゅんこちゃんがオーナーを務める、
雑貨のお店 Lenka styleと、
アイソレーションタンクと癒しの店 Lenka が、

北中城から宜野湾市嘉数に移転して、
新しい素敵なお店に生まれ変わりました!!

おトクなキャンペーンが始まってるようなので、
ぜひチェックしてみてくださいね!
       ↓
http://mshn.jp/r/?id=0eup31



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年はてぃーだ整体院をスタートして
ちょうど10年目になります。


どちらかというと飽き症のぼくですが、
10年経ってみて飽きるどころか、

もっと知りたい、もっとわかりたい!!
という欲求がより強くなっているのを感じます。


今年は、心とからだの深みをさらに探求しつつ、
そこから得た、からだの力をうまく発揮させる方法や、

自分らしく生きるための心の在り方などを、
沢山の人に届けたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by teeda-smile | 2014-01-13 18:46 | カラダに効く~☆ | Trackback | Comments(0)

「冬のからだケア その1」


冬のからだケアその1。


冬の過ごし方のキモは、

「冷え」と「乾燥」対策です。




<冷えの及ぼす影響>

身体が冷えると血液の流れが悪くなります。
血液の流れが悪くなると、酸素や栄養素を運び、
要らなくなった老廃物を排泄する機能が低下します。


必要なものが足りなくなり、
要らないものが体内に残ってしまう状態です。


また、このような新陳代謝には酵素の働きが必要ですが、
体温が下がっていると酵素の反応が悪くなり、
結果、免疫力が落ちてしまいます。


血液の流れや酵素の働きの低下が、
さまざまな病気の原因につながり、
心にも悪影響を及ぼします。




<乾燥の影響>

空気が乾燥する冬になると、肌がカサカサ、唇が荒れたりと
からだの表面に影響が出てきますね。

でも実は、体内の水分量も減っていることが多いので要注意です。


体内の水分が減ると血液が濃くなり、
冷えと同じように血流が低下します。

血流の低下は筋肉を固くし、
肩や腰のコリ、関節の痛みにつながることが多くなります。





こんな風に、冷えも乾燥も血液の流れに悪影響を及ぼし、
色んな不調の元になってしまうのです。


ほんで、どうしたらええねん!?
次回は、具体的な対策をお伝えします。




まずは、

寒いのを無意識で我慢(あるいはやせ我慢)していないか?

肌はちゃんと潤っているか?

水分をこまめに摂っているか?


を自己チェックしておいてくださいね。




[PR]
by teeda-smile | 2014-01-10 17:43 | カラダに効く~☆ | Trackback | Comments(0)

あと12年寿命を延ばす方法

毎日発行しているメルマガで、
パブリック・ヘルスついて触れたところ、
そうした情報にも自然に目がいくようになりました。

これを知って実践すれば、
確実に寿命を延ばせる方法があるとしたら、
知りたくありませんか?


それは、
「7つの生活習慣」を実践することです。


この生活習慣を、

45歳の男性が、
0〜3個しか実践していない場合と、
6〜7個実践してるときでは、
なんと、約12年の寿命の差が出るそうです。

45歳の女性でも、
6〜7個実践している人は、
0〜3個の人よりも、
約7年長生きするそうです。


じゃ、それってどんな習慣なのか、
早速見てみましょう♪




「ブレスローの7つの生活習慣」

 ◎睡眠時間は7~8時間とる
 ◎朝食はほぼ毎日とる
 ◎間食はあまりとらない
 ◎体重は標準である
 ◎運動、スポーツをしている
 ◎酒は大量にとらない
 ◎タバコは吸わない



なんじゃ、ふつーじゃん!
って思った人!!

ふつーのことを普通にできるのが大事なんですよー。^^



でも、パーソナル・ヘルスに従事するぼくは、
あえてここにもう一つの習慣をプラスしたい。


「ゲンちゃんの8つ目の生活習慣」

 ◎健康情報を、鵜呑みにしない!




元も子もないか!?(笑)
でも、本気ですよー。


「健康のためなら死んでもいい」という
過度な健康マニアにならないこと。

自分のからだ感覚を大事にして、
自分に合った健康習慣を作ることが
大切だと思うんですよね。


例えば、毎日6時間睡眠だけど、
自分はそれで十分休息がとれる
という人もいるでしょうし、

朝食は食べない方が身体もアタマも快調だ
という人もいるでしょう。



パブリック・ヘルスの情報は、
たくさんの人を対象にした調査の中から生まれた、
最大限の最大効果を抽出したもの。

それを活かしながら、
自分に合ったパーソナル;ヘルスをカスタムしてみる、
というのはいかがでしょうか?







[PR]
by teeda-smile | 2013-01-31 20:20 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

スマホ的身体症状。

最近、てぃーだ整体院に来られる方の中で、
原因が同じではないかと思える身体症状が、
とても多くなってきました。

そう、<スマホ的身体症状>です。


スマホ画面を動かす時に使う人差し指に、
ピキーンと張りが残っているんですが、

この張りが、さまざまな症状につながります。


●人差し指、親指のつけ根あたりの痛み。

●手首から肘にかけての張り、痛み。

●肩のつけ根が前側に引っ張られることで、
 鎖骨の位置がずれてきます。

●リンパにいびつな圧力がかかって、
 老廃物の排泄が鈍り、顔のシワ・たるみ・くすみに。

●肩甲骨が前に引っ張られ、ずれることで、
 肩こり、首の痛み、頭痛へとつながります。

●アゴがきつく引っ張られ、カクカク→痛み。

●ほお骨がずれて人相にゆがみ。眼鏡が歪んだ位置に。

●三半規管がねじれ、めまい、耳鳴り、ボワボワ感。

●目を動かす筋肉が緊張。視力の低下。

●腸骨(骨盤の一部)が引っ張られ、腰の痛み。

●腸がねじれ便が通りづらくなりガスが発生→おなかぽっこり
 便秘→進行すると下痢。くり返し。

●股関節内側の違和感、痛み。

etc.


身体はつながっているので、
挙げていくとキリがないですが、 
指一本の酷使が、これだけの症状に
つながる可能性があるということなんですね。 

もちろんスマホを使っていない人でも、
マウスを長く使う人、細かい手作業をする人などは、
指先の疲れからくる身体症状にも意識してみてくださいね。


【人差し指の張りの確かめ方】

親指で、人差し指の第二関節を押してみて、
ちょっと痛いぐらいなら、正常です。
すごく痛かったら、使い過ぎ。
全然痛くない人は、全くOKか、
張りが強すぎて鈍くなっています。(一番問題アリ)



【指の張り&身体症状を軽減させるポーズ』

サタデーナイトフィーバーの、
ジョン・トラボルタのキメのポーズをしてください(笑)
このポーズで指の張りだけでなく上記の症状も軽減しますよ!

えー? どんなポーズか忘れたって!?
えーーー!!そもそも知らんって!?
ここに貼付けておきます。

a0142373_1722288.jpg

[PR]
by teeda-smile | 2013-01-23 17:05 | 身体症状の意味 | Trackback | Comments(0)

災害ショックをからだに残さないために

気になるキーワードはどれですか??
肩こり/頭痛/腰痛/坐骨神経痛/骨盤の歪み/背中の張り/膝痛/疲れがとれない/元気が出ない/
自分らしさを見つめたい/自分の好きなこと・やりたいことを見つけたい/毎日をワクワクと生きたい/

『てぃーだ整体院』 ~自分らしいワクワク人生、応援します♪~ 
読谷村・嘉手納村・沖縄市・北谷町・石川市・恩納村・うるま市・北中城市などの近隣市町村をはじめ、
宜野湾市・浦添市・那覇市・中城村・名護市・今帰仁村・大宜味村等、遠方からも来院いただいています。
=============================================



先日のブログでお伝えしたように、
東北地方の地震発生から一週間が経過した現在、
頭痛、肩・背中の張り、眠りの質の低下、疲れ、気力の低下といった
災害ショックが原因とみられる症状を訴える方が増加しています。

今日来れられた女性の自覚症状は、
「2~3日前から頭痛がひどく、眠っても疲れが取れた感じがしない」
というもので、ご本人は気づいてなかったのですが、
触診すると肩と背中に極度の緊張がありました。

地震が発生した時、空港での業務に従事中だったというこの方は、
混乱を極める空港のなかで、利用客のの案内に奔走したそうです。
仙台行きに搭乗予定だった方の中には、TV画面を観て泣き崩れる人もいたとのこと。

こうした光景や混乱を目の当たりにした際の心のショックが、
身体を通して表れているという説明に納得されていました。



<災害ショックをからだに残さないために>

①TVやパソコンの報道映像を長く観すぎない。

ショッキングな映像を観た後、無意識に他の映像を求めている心に気づくことはありませんか。
こうした映像には中毒効果があり、次々と刺激を追い求めてしまう性質があります。

必要な情報は文字やラジオなどの音情報に切り替える選択をしてください。
特に眠る前の視覚情報は、潜在意識の深くに入り込む可能性が高いのでさけましょう。



②よい眠りにつけるよう工夫する。

寝る直前のネガティブな情報(特に視覚)を避けることは前述しました。その他に、


・寝る30分~1時間以上前からは明かりを暗めにする(TV・PC・携帯電話も×)

・ストレッチやヨガのポーズで、からだの感覚をキャッチする

・観葉植物の葉に触れながら深呼吸を数回繰り返す

・ペットを飼っている人は、ペットをやさしく抱きしめる

・次の日の準備を早めに済ませ、心の不安感を極力減らす

・できるだけ湯船に浸かって下半身をあたためる

・アロマオイルやハーブの香りを嗅ぐ(ラベンダー、カモマイルなど)

・今日会った人、一人一人全員に感謝する



③「にもかかわらずご機嫌で。」という口ぐせを唱える。

ふと気がついたり自然に上がってくるネガティブな感情を打ち消すのではなく、

それらが自分の中にあることを受け入れた上で、

「にもかかわらずご機嫌で。」と口に出して言います。

不思議なことにスッと自分のマインドが変化するのがわかりますよ。




 
 
 
[PR]
by teeda-smile | 2011-03-19 23:13 | からだの声を聴く | Trackback | Comments(0)

「今できることとしてのセルフケア」

気になるキーワードはどれですか??
肩こり/頭痛/腰痛/坐骨神経痛/骨盤の歪み/背中の張り/膝痛/疲れがとれない/元気が出ない/
自分らしさを見つめたい/自分の好きなこと・やりたいことを見つけたい/毎日をワクワクと生きたい/

『てぃーだ整体院』 ~自分らしいワクワク人生、応援します♪~ 
読谷村・嘉手納村・沖縄市・北谷町・石川市・恩納村・うるま市・北中城市などの近隣市町村をはじめ、
宜野湾市・浦添市・那覇市・中城村・名護市・今帰仁村・大宜味村等、遠方からも来院いただいています。
=============================================



連日、地震被災とエネルギー施設に関するニュースが報道されています。
仕事中もPCで動向をチェックしたり、おうちに帰ればすぐにTVをつけて、
その後の様子を確認している方も多いと思います。

ここで気をつけていただきたいことがあります。
それは、これらのニュース報道に接することによって生じた強い感情が、
身体的症状として表れることがあるということです。

直接被災していない人たちであっても、
恐ろしく強大な津波の映像や、過酷な生活を余儀なくされている被災者の方たちの姿、
放射能汚染の拡がりなどの情報から感じる恐れや不安、痛々しい気持ちなどが
背中の真ん中辺りの張り、ぎゅっと力が入った肩の違和感、
実際に胸の辺りを締めつける感覚などとして感知されることがあります。

自覚症状があるときはまだましですが、
意識されないまま身体症状が悪化し長引くこともあります。

今自分ができることはなにかを考える時に、
自分自身の心やからだ感覚をよく観察して適切なケアをする、
ということも、とても大切なことです。

今起こっていることは、私たちにとって本当に大切な試練の時だと思います。
国中で力をあわせてこの危機を乗り切っていきたい、と強く感じています。

ぜひ、今できることとしてのセルフケアを行なって、
ニュートラルな意識と身体で、これからのことに向き合っていける自己でいましょう。

[PR]
by teeda-smile | 2011-03-18 20:40 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

春のからだ④ 『 かお全体のストレッチ 』

a0142373_1615476.jpg前回までのセルフワークで、  
目のまわりはゆるみましたか~?

よし、今日は 「 かお 」 いってみよー。

このワークは、
トータルイメージコンサルタントの方に教えたもらったもので、
元々は 「 笑顔レッスン 」 のためのものなんです。

なので、コレやると、
「 笑顔美人 」 「 笑顔イケメン 」 レッスンにもなるってこと!(笑)


まずは鏡に顔を映しましょう。
ワーク前の、笑顔(口角の上がり具合)チェック。

● ペンを口くわえて、笑顔になりましょう。

そして鏡に映ったくちびるの端(口角)が、
くわえたペンよりも上がっていたら、 評価A。(素敵な笑顔です!)
くわえたペンと同じ高さだったら、 評価B。(もうちっとで上質笑顔!)
口角がくわえたペンより下だったら、 評価C。(残念。よし、今から練習だ!)



『かおのストレッチ』

鏡の前で、思いっきり口をあけながら 「 あ~~~ 」 と言います。
このときに上下の歯が見えるように、くちびるをしっかり上下に移動。

つぎは、「 い~~~~ 」。上下の歯をくっつけて、
奥歯まで見えるくらい横開き。

「 う~~~~ 」 は、タコの口のようにくちびるを丸めて、
鼻にくっつくぐらい上に持ってくる。

「 え~~~~ 」 は、「 あ 」 の時と同じく、上下の歯が見えるように。
上にも横にもしっかり開く。

「 お~~~~ 」 は、鼻の下の筋を思いっきり伸ばしながら、
なんでだろ~♪のテツ&トモの細い方の人がやるみたいな、
すぼめた口を前に伸ばしきった顔で!( わかる? 笑 )


できましたー?
まだ終わりじゃないですよ。 次っ。

次は、今の 「 あ~ い~ う~ え~ お~ 」 に、
目ん玉をカッと見開く、というのをプラス。

目玉が、ま~るく見える状態にしながら、
さっきの、「 あ~ い~ う~ え~ お~ 」 をやってください。
名づけて、ハイパーアイウエオ。(今思いついた)
決して人には見せられない。

このワークを何度か繰り返せば、
顔の筋肉が動きやすく、血行もよくなりますよ!
そして、目、かおがゆるめば、
肩から下もゆるゆる、ゆるみ始めますからね~。
[PR]
by teeda-smile | 2010-02-27 20:00 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

春のからだ③ 『 目のまわりをゆるめる 』

まいどです。 a0142373_17533185.jpg

春からだは、「ゆるめる」 ことが大事で、
自動的にこころウキウキ、からだムズムズが、
自然のリズム、と書きました。

え~、そうなの~?
べつにウキウキムズムズしませんけど。
って方もおられるでしょう、もちろん。
そんな場合は、からだに残った冬のなごりを、
先にとっちゃいましょう。


まずは、「目のまわり」から。

ハイ、目を強~くつむって、ぎゅ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 オーケー。
次に目を開けて、でっきるかぎり両目を右に寄せて、じ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 グーッ。
ハイ、もいっかい、目を強~くつむって、ぎゅ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 オーケー。
また目を開けて、今度は、両目を左に寄せて、じ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 グーッ。
目を強~くつむって、ぎゅ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 オーケー。

わかってきたでしょう?

今度は上に、じ~~~~~。目を閉じてぎゅ~~~~。
最後に下に、じ~~~~~。目を閉じてぎゅ~~~~。

そうです。目を閉じてぎゅー。 と、 
目玉を寄せてじ~~。のくり返し。 右・左・上・下のの順でね。
最後に、両方のてのひらを閉じたまぶたの上に軽くあてて、
「 おつかれちゃん。」 って、1分ぐらい。

目の疲れから肩をこわばらせてることも多いから、
肩がこってる人もやってみよう。
視力回復効果もあるからね♪


次回は、「顔全体のストレッチ」。
[PR]
by teeda-smile | 2010-02-26 10:56 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

春のからだ② 『息のえんとつ掃除』

a0142373_1624686.jpg
まいどです。

前回、春は、四季の中でもからだの基礎を作る大切な時期。
徐々にからだが緩んで骨盤やら肩甲骨が開いてきます。
と書きました。                         

なので、自然のリズムをちゃんとキャッチしてる人は、
なんかウキウキしたり、からだがムズムズして、
無性に動きたくなったりします。

気がついたら寝ころんでストレッチしてた。 ←OK.
ふだん散歩なんかしないけど、ちょっとそこまで歩いてみた。 ←OK.
街行く女性、あるいは男性(ようするに異性)を、思わずじ~っと見つめてた。 ←OK.
窓をガラッと開けて、「ワォ~~~!!」と叫んでた。 ←うーん、ある意味ギリギリだけど動物としてOK.

冬のからだが春バージョンに変化する時に大切なのは 「 ゆるめる 」 こと。

ハイ、まっすぐ立って足は肩幅。
一回、息を吐き出しましょう。ふ~~~う。
正面向いて、からだの真ん中の 「 軸(センター) 」 を意識しましょう。
そしてそこを中心にからだをブルブルブル~とゆすってみます。
声を出してみてね。 「ア”~~~~~」 て感じで細かく声がゆれてますか?

「ア”~~~」 って声だしながら、からだゆらしてると、
「 あ、ここゆれてないな。 」 「 背中の上のほうが固い~。」 とか、
今のからだの感じが分かってきます。

自分の 「 気持ちいい 」 感覚を頼りに、好きなだけつづけてください。
アタマを前後左右に動かしながらやると、肩や首の「今」がよくキャッチできます。

いつの間にかこわばってしまってた、からだの感覚に気がついたかな~。
意外と見落としがちなのが 「 かお 」 のこわばりなんです。
特に目のまわり。

次回はそのあたりのことを書きますね♪(たぶん)
[PR]
by teeda-smile | 2010-02-25 10:23 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

春のからだ①

a0142373_16295757.jpg
春でっせー!!
なんか、大阪弁になってしまいました。(笑)

春のからだって、ビンビン敏感になるんだけど、
ちゃんと匂い、色、音、感じてますか~?
おいしいもの、「おいしい~~~!」って思わず口に出してますかー?^^

人間も動物ですからね、(当たり前だけど)
春になったら、他の動物達と同じように、「 サカリ 」 がつかなきゃいけません。
「 はー?人間もサカリがつくばー? 」 って?
当然です。 (断定形)

季節に合わせてからだは変化していますが、
あまりにも自然のリズムからかけ離れた生活をしていたり、
アタマでっかちに 「 ならねば、やらねば 」 だけで生きてると、
だんだんからだの感覚が鈍ってしまいます。

「あー、そういえば、冬だったねえ。」
「気がついたら春が終わって夏だねえ・・・」

とか言ってたら、あかんで~~!(また大阪弁。)

四季の中でも、春はからだの基礎を作る大切な時期。
徐々にからだが緩んで骨盤やら肩甲骨が開いてきます。

あくびがひんぱんに出るなら、OK!からだダイジョウブ。

はい、両手をグ~~っと上に伸ばして、
ハ~~~~~、っと息を吐きましょう。
そして、ふっと、力を抜いて脱力。
自然に呼吸しながら、からだの感覚を味わって~。

肩の張りに、「 ごくろうさん。 」
首の疲れに、「 がんばったね。 」

そうだ!
春のからだ用の、セルフケアのワーク、
いくつか書いていこう!
よし、今日からひとつづつ書いていきます!(たぶん)
[PR]
by teeda-smile | 2010-02-24 10:03 | セルフケア | Trackback | Comments(0)