<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大阪個人セッション、ざっくりプレビュー。

まいど、

リスニングボディ・トレーナーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




昨日は、7名のリスニングボディ、大阪個人セッションでした。


リラクセンスの熊倉さんに教えていただいたヒーリングスペースで、

初の、リスニングボディ大阪開催。



とても落ち着いた静かな空間で、

ゆったりとした気持ちでセッションをすることが出来ました。

a0142373_13481763.jpg


a0142373_13485557.jpg



熊倉さん、情報をありがとう。

来月には大阪で、熊倉さんの、リラクセンス講習会が開催されるそうですよ。

興味のある方は、ぜひこちらを見てください。⇢☆☆☆




今回の個人セッション、色んなテーマが挙がりました。


母親との関係、パートナーシップ、職場での立場や人間関係、

自分のやりたいこと、自分のからだとの関わり方、



その他いろいろありましたが、

それぞれの人が、深い想いを持ちながら、

自分の人生を懸命に生きているということをいとおしく思います。




セッションの中でやったワークなんかをざっと並べてみましょう。順番はぐちゃぐちゃです。



◯アタマとこころ、からだの関係

◯心のブレーキを外すためのからだアプローチ

◯自分のいいところ、好きなところにフォーカスするワーク

◯感情(怒り、憤り)をリリースするワーク

◯自分の感情をジャッジなしに受けとるワーク

◯胸のつかえをとるからだアプローチ

◯ポジティブとネガティブの攻防

◯勇気をもって、愛へ向かう

◯パートナーシップ、家族、職場における、自立と依存の関係性

◯不安から力を奪われるのを防ぐためのワーク

◯集中とリラックスを共存させるためのワーク

◯うまくやりたい、うまく見せたいときに表れるからだの症状

◯自分の内側とのつながりを深める歩き方

◯からだとこころの軸を調えるワーク

◯陰と陽

◯ネガティブな事象の中に潜む、ポジティブな側面





こんな感じです。

あ、もちろん、一人の人じゃないですよ(笑)


しかし、こうして書き並べると、

やっぱどれも興味深いなあ。

ちょっと、ぼくが言ってること自体、おかしいんですけど、

面白そう、受けてみたい!(笑)




これらは、セッション中に行ったワークもあれば、

取り組んでもらいたい宿題(?)ワークとして伝えたものもあります。



ワーク自体は思った以上にシンプルですが、

思った以上に効果があるとぼくは思っています。




このうちの幾つかをピックアップして、

2〜3時間のセミナーにするのもいいですね。

参加者同士の関わりの中から生まれる気づきも沢山あるし。



こういうのに興味持ってくる人たちって、

すでに何かでつながっていたり、

そこから深い縁になっていったりすることもあるので、

その辺も、なんかワクワクします。




2ヶ月後の、11月最後の日曜日(11月30日)あたりに、

第2回目の、大阪個人セッションを予定しています。



詳細が決まり次第、アナウンスしますが、

興味のある方は、直接メッセージいただけたら優先してご案内しますね。



◇ お申込み・お問い合わせ:
こちらのフォーム からお申込みください。






今から沖縄に戻ります。

大阪はやっぱり食いもんが旨い!



a0142373_147895.jpg


a0142373_1474327.jpg


a0142373_1483571.jpg






●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



[PR]
by teeda-smile | 2014-09-30 14:09 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

ゴキゲン化。


まいど、

リスニングボディ・トレーナーの 阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




今は、那覇から関西空港に向かう飛行機の中にいます。

あ、なんかちょっとイキッた書き出しですね。(笑)



今回は大阪に三日間滞在しますが、

三泊目は、ホテル泊になります。


理由は、実家を引きはらうから です。




家族が住まなくなった実家を手放すために、

今日は、必要なものと要らないものを分ける作業をします。

なので、今晩は、とっ散らかった家の中で寝ることになりそうです。




そして、明日の朝には、引取業者さんが来て、

家の中に残っているものを、全て持っていく段取りです。


なんにも無くなってしまうので、

二泊目からホテルに泊まろうかとも思ったんですが、


世話になった実家なので、

最後の夜は、がらんどうの家で寝るのも悪くないかと思い、

「素泊まり」することにしました。(笑)




週明けの月曜日は、初のリスニングボディ、大阪個人セッションです。

自分が生み出すことのできるものの中で、一番価値があると思えることを、

生まれ育った大阪に持ち帰ることができるのは、

ほんとうに嬉しく、楽しみなことです。




三日目のこの日は、朝から夜まで個人セッションなので、

終わったらなんかおいしいものでも食べて(実は、コレがめちゃ楽しみ)、

梅田にとったホテルでゆっくり休もうと思います。



考えてみると、大阪で梅田に泊まることは初めてです。

実家が30分ほどのところにあるので当たり前なんですが。


実家がなくなるこれからは、

大阪に行く時にはかならずホテルをとらないといけない、ってのが、

どうもまだピンときません。





そんな、いささか、おセンチな心持ちと、

大阪で仕事ができる高揚感を持ちつつの旅なんですが、


さっき機内で読んでいた本のおかげで、

いい感じをつかむことができました。




ディーパック・チョプラという人の書いた、

「リーダーシップ7つの法則」という本を読んでいたんですが、



その中で、こんなワークがありました。


「あなたにとっての、”理想的な個人のビジョン”を明らかにしましょう」



ま、こんなの普通は、パッと出てくるもんじゃないので、

ちゃんと質問に答える形で導いてもらえるんですが、


ぼくは以前にまとめたものがあったので、それを書き出しました。



「人を愛して、自分を愛して、

 成功も失敗も丸ごと楽しむ人生を、

 同じ時代を生きる人たちと分かち合うこと」







そして次のワークは、

「あなたのミッション(使命)を、簡潔な一文にまとめましょう」



一文に、ってので、少しだけ戸惑いましたが、こんなのが出てきました。


「自分と、自分が関わる人、

 モノ、コトを、ゴキゲンにする」







さらにワークは続き、

「あなたのミッションを、一言で表してください」



えー、一言で〜〜? 出ました。


「ゴキゲン化。」




あはは、なんかオモロイと思いませんか?

人生のミッションを一言で表すと、ゴキゲン化。




でも、これ思いついたらなんか笑けてきて、

今日一人でやる実家の整理作業も、楽しんでやれそうな気になってきました。






窓の下に、四国山地が見えてきました。


波打ち際にけっこう白波が立っているので、

四国のサーファー喜んでるはずね。






それでは、今日も、

ゴキゲンに。



a0142373_1004182.jpg








◯2014.9.29(月) 大阪 個人セッション 

・・・満席のため、キャンセル待ちの受付をしています。







●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



[PR]
by teeda-smile | 2014-09-27 10:02 | キャンペーン・イベント情報☆ | Trackback | Comments(0)

一人でいること。

まいど、

心理カウンセラーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。






一日の中で、

一人でいる時間ってどれくらいありますか?




もう少し突っ込んでみます。



一日の中で、

一人でいる時間をどれくらい、「とって」いますか?



「意識的に一人になる時間」という意味です。




家族や同僚、お客さん、そういった自分以外の人と関わっていない時間。

もちろん、スマホやPC経由でも、人とつながっていない時間です。



そんな風に言われると、

意外に「一人のとき」って少ない、

あるいは、「ない」と言う人も多いんじゃないでしょうか?



仕事や家族のことで忙しくて、

そんな時間とる暇もない、と言う人もいるでしょう。

でも、よくよく考えれば、24時間の中で5分くらいはとれなくもない。


それでも「一人の時間」を取らない人が多いように感じるのは、

「一人ぼっち」という言葉にマイナスのイメージがあるからでしょうか。



それに、一人でいると、「孤独」ですもんね。

「孤独」なんて感じるの嫌だから、

誰かに会いにいくし、お店に顔を出すし、スマホをチェックする。



だれかとつながっているときは、

一人ぼっちじゃない、と感じられるのでなんとなく安心する。





でも、そもそも、


自分らしく生きる、って、

「孤独」とセットなんじゃないでしょうか。





自分が、めちゃめちゃいい!!と思ったものを、

「うん、いいねー!」と言ってくれる人もいるかもしれませんが、


つづいて、こんなのはすっごく嫌いだー!!と言ったとしても、

その人は、「そうなんだー、結構好きだけどねー」と答えるかもしれない。




自分が好きなもの、嫌いなもの、

やりたいこと、やりたくないこと、

自分にとってのいい感じ、いやな感じ。





それを本当に感じようと思ったら、

孤独の中でしか、見つけられないんじゃないでしょうか。




「健全な孤独」という言葉があります。

寂しくって淋しくって、耐えられない、っていう孤独感とは違う、


自分の感性や感覚と一体になる、

内なる自分と関わる時間です。





自分が、ほんとうに「いい感じ」とつながってるかどうかは、

他の誰にも見えないし、もちろん、決めることもできない。



自分の心を慈しむ孤独の中でこそ、

自分だけが感じる感性や、

自分だけが産み出せるものが見つかるのかもしれませんね。



そこは、他の誰であっても立ち入ることのできない、

自分が、一番いい感じでいられるところ。



そんな、

ホーム=孤独を抱えてみるのはどうでしょう?




a0142373_17182891.png








◯2014.9.29(月) 大阪 個人セッション 

・・・満席のため、キャンセル待ちの受付をしています。







●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



[PR]
by teeda-smile | 2014-09-26 17:18 | キャンペーン・イベント情報☆ | Trackback | Comments(0)

復活!! Gen−ki倶楽部、再び!!

ハイサイ、
てぃーだスマイルの阪中ゲンです。


Gen-ki倶楽部が、

20数年の歳月を経て、復活します!!




てぃーだスマイルに来てくださる方、

リスニングボディのセッション、講座、セミナーを受けてくださる方を対象とした、

会員制度を発足します。



その名称を、

「Gen−ki倶楽部」 と致します。





元々は、この名称、今から20数年前、ぼくがカナダに住んでいたときに、
学生時代にお世話になっていたNPO団体の先輩方ファミリーが、
総勢25名くらいで遊びに来てくれたときの、団体名です。


「ゲンさんとこ遊びに行くから、『 Gen−ki倶楽部 』 にしよー!」
って、わざわざ団体名までつけて(笑)。


a0142373_18473042.png



当時、妻は身重でおなかのなかに長男がいたんですが、
一緒に貸切バスに載せてもらって、バンフ国立公園周辺を旅しました。


綺麗な湖や、カッチカチに凍ったグレイシャー(氷河)やら、
4〜5歳のこどもから、70代の大先輩までが一緒に移動しました。


a0142373_18481085.png





元々、キャンプなどの野外教育のNPO団体なので、
一緒にごはんを食べたり泊まったりは何度もしていましたが、


外国でこのメンバーで寝食を共にするのは、
日常なのか、非日常なのかようわかわんオモロイ時間でした。


で、

てぃーだスマイルやリスニングボディで関わってくださる方たちとも、
つながりを深めていけたら、一緒にオモロイ時間を共有できるかも、


というか、そうしたいな!と思って、
倶楽部の部員(会員)を勧誘することにしました!(笑)





◯Gen-ki倶楽部について


◇入会金:

12000円 (期限なし、更新料なし)



◇特 典:

①てぃーだスマイルのセッション、セミナー、講座等を倶楽部会員料金で受講できます。

②倶楽部会員限定のセミナー、催し等に参加することができます。








一応、部活動の目的ってのがあって、


それは、

「人を愛して、自分を愛して、

 成功も失敗も丸ごと楽しむ人生を、

 同じ時代を生きる人たちと分かち合うこと」



です。



いつか、会員メンバーと一緒にツアーに行ったり、(国内でも国外でもいいですね)
テーマを決めてセミナー合宿なんかもやりたいなーと、

想像してニヤニヤしています。




Gen−ki倶楽部についての入会申込、お問い合せは、
genshizuka303@yahoo.co.jp 阪中ゲンまでご連絡下さい。



どうぞ、もよろしくお願いします。





___________________________________________

●てぃーだスマイルのミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●メニュー





[PR]
by teeda-smile | 2014-09-24 18:56 | 会員制度 Gen-ki俱楽部 | Trackback | Comments(0)

タイムマシーン (一人乗り) にのって

まいど、

心理カウンセラーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。





タイムマシーンって
いつか作られると思いますか?


もし、タイムマシーンに乗れたら
どこへ行って何をしますか?





自分の中の「傷ついている子どもを癒す」
というワークをしている時に気づいたことがありました。


自分の中を探っていくうちに、ぼく自身ではなく、
傷ついている弟を見つけたんです。



ぼくが高校生の時に、父の経営する会社が倒産して、
父が多額の負債を抱えることになったことがあります。

おうちのものに差し押さえの赤い札が貼られたり、
債権者から電話がかかってきたことがありました。



ぼくはたまたまそうした電話を取らなかったんですが、
まだ小学生だった弟が出た電話で、その相手は、

「オマエのお父さんは悪いヤツや!泥棒や!ろくでなしや!!」
と、電話口で何度も父のことを罵ったそうです。



意味が良く分からないものの、怖くなった弟は、
「やめて!」といって電話を切った、

ということを、
泣きながら両親に話していた覚えがあります。





ぼくはその時、弟に何も言ってやれなかったんですが、
今になってようやく傷ついた弟に声をかけてやることができました。


「怖かったやろ、ごめんな。おまえはなんも悪ないねんで。

 お父さんは悪い人なんかとちゃう。全部、借金も返したで。」





何十年にも渡って多額の借金を返し続ける父を見て、
ぼくは、会社の経営に失敗したり、借金を背負うことは、

とても恐ろしいことだ、自分は絶対にそうなりたくない、
と思いながら生きてきました。



ところが、この、傷ついた弟に声をかけた経験のあと、
会社の経営、借金、などに対する自分の思い方が、

なにか変わってる気がするんです。


具体的に言葉にはできないんだけど、
感覚的には怖さが薄れ、何かが解放された感じです。





そして、ぼくが癒してきたのは、弟じゃなくて、

その時に弟に対して何もしてやれないことに無力感を感じていた、


傷ついたぼく自身だった、

ということにも気がついたんですね。





で、このときに思ったのは、

「これって、タイムマシーンに乗ってそこに行って来たのと、
 現実的には変わらないんじゃないの?」


ということでした。



もちろん、過去の事実は変わりません。

でも、そこにあった感情が変わったことで、
今現在の現実に対する感じ方が変わったわけです。



このタイムマシーンは一人乗りなので、
他の人の過去を書き換えることはできません。




でも、もしかしたら、

ぼくらが共有してる無意識の世界では、

誰かの過去に対する感情の書き換えが、


他の人の過去の見方や今に,

何らかの影響を与えることがあるかもしれない、

と思うことがあります。





もし、タイムマシーンに乗れたら、

どこへ行って何をしますか?

 





(この文章は以前にミクシイに書いた日記です。読み返してみてここにアップしようと思いました。)

a0142373_10223646.png






◯2014.9.29(月) 大阪 個人セッション 

・・・満席のため、キャンセル待ちの受付をしています。







●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



[PR]
by teeda-smile | 2014-09-23 10:30 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

間を感じる。

a0142373_7344018.png


まいど、

てぃーだ整体院の阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。





しばらく間(あいだ)が空いてしまいました。



ちょっと、間(ま)を感じていたい感覚があって、

しばし、それに身を任せてみました。




いつもより歩く時間を長くしたり、

「ゆっくり動く」を、より意識してみたりしました。



歩きながら空を眺めていると、

空の高さや雲の形が、季節が変わったことを教えてくれます。


この数日で、感じる季節がはっきり切り替わった気がします。


無意識にスガシカオの曲を選ぶことが多くなりました。

(秋になると、スガシカオが聴きたくなることが多いんです)





一昨日からは、久しぶりにジョギングを始めました。


共通の友人がいるお客さんが整体院に来られた時に、

「◯◯が、ゲン先生に、『走ってくださいネ』と言っていました。」

と、海外に住むその友人からのメッセージを伝えてくれたんです。



自分自身でも、なんかそろそろ走りたいな、と思っていて、

準備のためのウォーキングを徐々に長くしていたところでした。



走る、といっても、以前のようにマラソン大会に出る気持ちは全然なくて、

一緒に走っているワンコにグイグイ引っ張られるくらい、

もう、ほんとにゆっくりのペースで楽しむ感じです。




ところで、海外に住むその友人が、

ぼくに「走ってくださいね」って言ってくれた理由は、



「ゲン先生は、仕事で色んな人のエネルギーを受けることが多いから、

 走ることで、それを外に逃がした方がいい。」


ということだったそうです。




その友人というのは、ベルギーに住んでいるんですが、

以前からぼくのブログを読んでくれていて、

一時帰国の際に、わざわざリスニングボディを受けに来てくれたことがあり、

それ以来のご縁。


とても感性の豊かな素敵な女性です。

そして、一般的には、特殊と言われる能力も持っています。



今回、ぼくに「走ってくださいね」と言ってくれたのも、

きっと彼女の特殊な能力がキャッチしたメッセージなんでしょう。




ぼくは、自分のことを、

「あまり人からのエネルギーをため込まない」方だと思っていて、


「どうやって処理してますか?」と訊かれても、

「べつに〜」って感じで答えていました。



でも、最近の自分のテーマが、

「力を抜くこと」でもあるし、



これまではうまくいけていると思っていたことでも、

あんまり高をくくるのもよくないな、

と思うようになってきたので、その意味でも走ろうと思います。




彼女のメッセージが、ぼく自身にとって、

ドンピシャなタイミングなのがスゴイなあ、と思います。





今週末は、大阪へ。

週明けは大阪個人セッションです。



ゆっくり動いて、

ちゃんと感じていけたらいいな、と思います。




それでは、

今日も、


ゴキゲンに。





スガシカオ 「青空」


[PR]
by teeda-smile | 2014-09-22 07:17 | キャンペーン・イベント情報☆ | Trackback | Comments(0)

関係して生きている。

まいど、

心理カウンセラーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




先日、久しぶりのニュースレターを配信したところ、

たくさんの返信・感想・お便りを頂きました。



中には、

「友人に勧められてこちらのブログを知って、

 最初は、なんだかなー?と思っていましたが、

 読むうちに、ああ,そうか〜!と気づいたり、

 なるほど!と共感することがあり、今では毎日見ています。」


という内容の嬉しいメールもありました。




ほんとうに、すごく嬉しいです。



ここに書いていることって、匿名ではあるけれど、

実在する一人の人の、実際の人生に起こっていることです。



ぼくや、今読んでくれているあなたと同じように、


ちゃんと名前があって、

家族があって、

毎日起きてごはんを食べて、


仕事をして、

考えて、

感じて、

悩んで、

眠って、


そうやって、

今、同じ時代を生きている人の話を元に書いています。




人生で感じていることって、

究極的には、自分の人生のことしか感じられないわけだけど、


一人の人が人生で起こること(起こっていないこと)に向き合ったとき、

他の誰かの人生の選択にも、なんらかの影響を与えることがある。



ぼくが仕事やそのほかで関わった人のことを元にブログを書いて、

それを読んだ人の日常に、なにかの変化が生まれるって、

それだけで、すごいなあ、と思います。



できればその変化が、その人にとって、

よりゴキゲンになれる 方向のものなら、

なおさら、嬉しいです。





セッションを受けてくださった方は、

こちらで登録してニュースレターを送っていますが、

まだお逢いしたことのない方でも登録が可能です。



身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、

「心とからだをつなぐニュースレター」を不定期でお届けしています。


よければこちらから登録してくださいね。

⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602




それから、最近更新が鈍っていますが、メルマガも発行しています。

自分で言うのもアレですが、このメルマガのバックナンバー、

暇な時に読むと、かなり面白いです。


さーっと読めるので、ぜひ覗いてみてください。



メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」

バックナンバー ⇢ http://teedasmile.exblog.jp/i21/

メルマガ登録  ⇢ http://www.mag2.com/m/0001588045.html







これからもよろしくお願いします。





a0142373_18451367.jpg

友人の良子さんが恩納村で撮った写真。こんなとこでディナー、最高でしょ。




[PR]
by teeda-smile | 2014-09-16 18:53 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

ゆるすということ

まいど、

心理カウンセラーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。





ゆるす、ということを考えた時に、

なんか、こう、相手に与えていたペナルティを解く、

みたいなイメージがあったりしますか?




たしかに、学校の先生が規則を破った生徒に与えていた謹慎を解除する、

っていうのも、「ゆるす」という意味ではありますね。



でも、カウンセリングやセラピーの場で起こる「ゆるす」は、

もっと、肉感的です。




「ゆるす」は、「ゆるむ」であり、

ゆるした瞬間に、カラダがゆるみます。




「ゆるす」は、「手放す」であり、

なにを手放すのかというと、


「怖れ」です。






ぼくたちのとる選択には、2種類しかないという考え方があって、

それは、


「怖れ」スタートの選択か、


「愛」スタートの選択か。





ゆるさない、のは、傷つけられた経験があって、

その時、その後の自分を守るために「必要」なことだった。


だから、今、「ゆるせない」ことがあっても、

それがアカンことではない、とぼくは思います。



ただ、「ゆるさない」は、不自由でもあります。

ギューってカラダに力も入れているので、疲れるし、


「怖れ」スタートの選択なので、

いつまでたっても『怖れ」がつづくからです。




そんで、いよいよ、これはもう要らん!

ゆるさないでいるのには、ほとほと疲れた、

あるいは、ゆるさないでいると、「愛」が遠のいていく。



そう感じた時に、

勇気を持って、「手放す」ときが来るんじゃないでしょうか。



そうです、「勇気」が、必要だと思います。




若いころは、「愛と勇気」とか言う言葉を聞くと、

クスクス笑ったりしたんですが、

今は、はっきり思うことがあります。




それは、

「愛」に向かうには、

「勇気」が必要だ。



ということです。




「ゆるすこと」は、勇気が要ります。

「怖れ」から自分を守っていた鎧を解くことだから。



でも、その鎧の下には、

長いあいだ外の空気に触れることのできなかった、

みずみずしく、柔らかいカラダ(ココロ)があります。



放たれたカラダ(ココロ)は、

今まで感じることのできなかった、

色彩豊かな世界を感じることができるようになります。




「ゆるすこと」は、

許せなかった相手(あるいは出来事)を解放することではなく、

ほかならぬ、自分を自由にしてあげること。




なんてね、アタマで理解するのは簡単だけども、

そうやすやすとできるんなら苦労しませんよね。



すぐにゆるせない、と感じているとしても全く構わない、と思います。



そのうち、「絶対ゆるさない」が、

できれば「ゆるしたい」、

ちょっとは「ゆるしたい」に変わっていったとしたら、

それだけで、カラダもココロもずいぶん楽になると思います。



そして、ちゃんと、その時は来ると思います。


ゆるすことを選ぶとき。

怖れを手放して、勇気を持って愛を選ぶとき。




その時は来る、と言いながら、

根拠も示さず、保証もしない心理カウンセラーなんですが(笑)。





「ほとほと嫌になる」と、

「勇気」がポイントだと思います。





まずは、「ゆるせない」でいる自分を、

ゆるしてみましょう。





ありがとうございました。




a0142373_863640.jpg


◯2014.9.29(月) 大阪 個人セッション 

・・・満席のため、キャンセル待ちの受付をしています。







●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



[PR]
by teeda-smile | 2014-09-15 08:06 | キャンペーン・イベント情報☆ | Trackback | Comments(0)

どうでもいい。



まいど、

心理カウンセラーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




「正直、今日ここに来るのもやめようかな、って思ったくらい、

 もう、どうでもいいわ、って気分です。」




セッションの最初に、今のカラダと心の状態を尋ねますが、

たまに、この、「もう、どうでもいいわ。」

という言葉がクライアイントから出ることがあります。



たいてい、何度かのセッションを経過して、

比較すると、マジメに自分と向き合った人が言うことの多い言葉です。



この言葉がクライアントの口から漏れたあと、

その人のカラダやココロ、周りとの関係が、

よい方向へ動くことが多い、

と感じています。




もちろん、全てのケースではないですし、

「もう、どうでもいい」という時の、

言葉の強さや表情なんかで微妙な違いがあります。



ちょっと表現が難しいんですが、

自分を憐れんでいる感じの、「どうでもいい」のときは、まだダメで、

なんか少し怒ってるくらいの外向きな、「どうでもいい」が、イケてます。



自分の心を見つめたり、他の人に対して働きかけたり、

自分がやることは全部やった後に、


もうこれ以上、知るかあ〜!


っていう「どうでもいい」が出た時が、

色んなことが変わるときのように感じます。




ぎゅーってなってたカラダの力が、

ふうーーーって解放されるとき、



怖れを手放して、

ただ、そう在る。



という自然(じねん)に戻っているからかもしれません。








<リスニングボディの感想>

NO.9 (女性)
人の手の温かさ。
ゲンさんの誘導で、本当の自分をさらけ出すことができた気がします。
心が、ほにゃほにゃです。
人のことばかりしている、人の目ばかり気にしている私。
もっと自分を見てあげたいなー、あげる!!と、
気づかせて頂けました。
心が固くなる前にはゲンさんの力を借りにきます。
ありがとうございました。


NO.10 (男性)
『楽しかった』これにつきる。
いつも一人で自問自答していたので、
『気づき』というものが生まれてなかったと思います。
今日は『気づき』というスイッチが入ったので、
次のステップである『変わる』という行動をします。





◯2014.9.29(月) 大阪 個人セッション 

・・・満席のため、キャンセル待ちの受付をしています。







●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



[PR]
by teeda-smile | 2014-09-13 07:05 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

どうしても嫌いな人

まいど、

心理カウンセラーの阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




友達のヨガインストラクターわあかちゃんがオススメしてくれた、

益田ミリさんの漫画を何冊か読んでいます。



ミリさんの作品は映画にもなっていて、

「すーちゃん、まいちゃん、さわこさん」は、

クスっと笑えたり、ホロッと泣きそうになる映画です。


a0142373_7353081.png





今、途中まで読んでるのが、

「どうしても嫌いな人」というタイトルで、

〜すーちゃんの決心〜 というサブタイトルがついています。

a0142373_10371686.png




主人公のすーちゃんは、一人暮らしで、カフェの店長になって二年目。

仕事を終えた帰り道、はー、とため息をついて、独り思いにふけます。



好きになれない人がいる

というより、苦手な人?

いや、苦手じゃなくて

そうじゃなくて

嫌いな人だ



その人のことを思い出すだけで

心の中がざわざわしてくる

ざわざわして

キリキリする



嫌いだったら思い出さなきゃいいんだけど

なぜか好きな人のことより

嫌いな人のことを思い出してしまう

なんでだ?






すーちゃんが嫌いな人は、

毎日職場で小さな悪口を言う同僚のこと。



「ねー、3番のお客さん、見た?
 コーヒー頼まずにロールケーキだけだよ。ビンボーくさくない?」


とか、お客さんやバイトの女の子たちの至らない点なんかを、

いちいち、すーちゃんにグチりに来ます。(笑)




すーちゃんは、ぐったり疲れた帰り道で考えます。


たいしたことじゃないんだけど、

毎日じんわり

イヤなんだよな〜


気に入らないことがあったとしても

口に出す必要がないことのほうが多いのに

どうして心のなかにとめておけないんだろう



どうして

どうしてあたしはあれを聞きたくないんだろう?

あたしが悪く言われてるわけじゃないのに

あたし なににキズついているんだろ






なんだかゆる〜い感じに展開していくんですが、

けっこう深い心の動きを見つめているこの漫画、

読みながら、すーちゃんと一緒に考えたり感じたりしています。



ぼくは、3分の1ぐらい読んだところで、

少し不愉快になっている自分に気づきました。

なんで?



それは、「解決しよう」としていたからです。

すーちゃんが愚痴の多い同僚に対して感じる不快な気持ちを、

どんな風にとらえたら解決できるか、

それを無意識に考えていたんですね。



でも、漫画の中のすーちゃんは、ぼくの解決策に気づくわけもなく(笑)、

相変わらず、不愉快な気持ちの中をさまよっています。



すーちゃんがネガティブな同僚に対して不快を感じているように、

ぼくは、ネガティブなすーちゃんに不快を感じていたんです。



これ、カウンセラーとしては、失格です。

その人の問題を、解決しよう、としちゃってますから。




この漫画の作者の益田ミリさんは、

スパーンと解決するようなストーリーは描きません。


読んでいる人が、「あるある、こういうの。いるいる、こういう人」

と感じる出来事、心の動きを、淡々と表しています。



読んでいる人は登場人物の心の動きに共感して、

それは、自分の心の動きを、共感してもらえることと同じなんですね。




先日も書いた、村上春樹さんと河合隼雄さんの対談

「井戸を掘る1」 「井戸を掘る2」の中で、


河合さんはこう言っています。



河合:
ぼくは何をしているのかというと、偶然待ちの商売をしているのです。
みんな偶然を待つ力がないから、何か必然的な方法で治そうとして、全部失敗するのです。
ぼくは治そうなんかせずに、ただずっと偶然を待っているんです。


村上:
でも、偶然を待つというのはつらいですよね。


河合:
そりゃつらいですよ。なんにもしないんだから。
待っていて、うまいこと偶然が起こったら、そのときにはやっぱりパッパッとがんばらなくてはいけないんですけどもね。





なぜか、この河合さんの言葉を読むと涙が出ます。



人の心とからだに触れる仕事をするものとしての、

自分の在り方をちゃんと見つめなおそうと思います。





さて、

どうしても嫌いな人の存在は、

自分の心のどんなところに触れているんでしょう?





ちょっと話のオチどころが不思議な場所になりましたが、


益田ミリさんの漫画、

オモロイので興味がわいた人は読んでみてください。







ありがとうございました。

a0142373_7512423.png

a0142373_752389.png




◯2014.9.29(月) 大阪 個人セッション 

・・・満席のため、キャンセル待ちの受付をしています。







●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



[PR]
by teeda-smile | 2014-09-11 07:54 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)