<   2014年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ときめく方を選んだ。

まいど、

リスニングボディ・トレーナーの、
阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




リスニングボディが生まれたのには、

あるきっかけがあった、という話のつづきです。

「ときめく方を選ぶ」



直接のきっかけは、

ぼくの整体院に通ってくれていた友人の女性から、

「ゲンさんの整体を教えてもらうことってできる?」

と頼まれたことでした。



当時、ぼくは骨格調整中心の整体をやっていたんですが、

気心の知れた人や、特にメンタル面がカラダに強く影響していると感じた人にだけ、

心理セラピーに近いものを、あまり意識せずにやっていました。



彼女は、骨格調整を学びたいのではなく、

カラダを揺らしたりしながら話を聞いてもらえるやつ(めちゃ曖昧な表現ですな)を、

学びたい、と言ってくれたのでした。



その要請はとても嬉しかったんですが、

自分がやってることがどんな理論背景で、どんな手法を使ってやってるのか?

ということはあまり意識していなかったので、

教えるとなると、まとめる必要がありました。



そこで、「半年待ってもらえる?」とお願いして、

カリキュラムにしていったのです。



これまで学んできたベーシックな心理学や、

20年前にはスピリチュアルに分類されていたような現代の心理学、

以前の仕事でずっと取り組んでいた、体験学習の理論、

そして実際にカラダに触れてきて感じたこころとのつながり。



そういったものをミックスして状況に合わせて使い分けながら、

カラダへのアプローチと、ココロへの働きかけをしていることが、

あらためて自分の中ではっきりしてきました。



で、名前もなかった、その、

「カラダを揺らしたりしながら話を聴いてもらえるやつ」に、


「リスニングボディ」という呼び方をつけたんですね。



その友人の女性の存在がなければ、

今のような形にはならなかったかも知れません。



じゃ、彼女とはどうやって出逢ったか、というのが、

「ときめく方を選ぶ」の話の中心です。

長いね〜、前フリ。




今からたぶん5年ほど前、仕事に行き詰まりを感じていたぼくは、

あるベストセラー作家のDVDを観ながら進めるという、

「豊かさのセミナー」なるものに参加しました。


一人自営業っていう仕事は、一回行き詰まるとなかなかはい出せない事が多いんです。

なにしろ一人ですから。

そのころ、いろいろやってもうまく行かなくて、とにかく流れを変えなきゃ。

という想いでそのセミナーに参加したように思います。




遅れて会場に着いたぼくは、すでに席についてる人たちの邪魔にならないように、

後ろの側から前へと進み、腰をかがめながら空いている席を探しました。


その時、瞬時に目に入ったのが、


中年の男性の隣の空席と、


きれいな女性の隣の空席でした。



世の男性の方々、あなたならどっちを選びます?


どっちを選びたいですか?と聞かれたなら、そりゃ、女性の隣でしょう。

でも実際にこういう場合に、女性の隣(しかも綺麗な人)に、すっと座れます?

周りの人は、見るともなしにあなたの動きを視野に入れているんです。



ぼくは、反射的に、おっさん、いや、中年男性の方へと進みました。

しかし、

しかし、綺麗な女性の隣の席へと、軌道を修正したんです!

自分のときめきに従って。




もうお気づきだとは思いますが、

その、隣りに座った綺麗な女性こそが、

のちに「カラダを揺らしたりしながら話を聴いてもらえるやつ」を学びたい、

と言ってくれた友人の女性です。



なんや、ただのスケベ心に従ったって話かい!

と言うなかれ。


考えてみれば、流れを変えたくて、そのセミナーに参加した、

という行動自体が、ときめきに従っていたのかもしれません。


そして今までだったら、ひと目を気にして二番目以降の感覚に従っていたものを、

一番心地よさそうという感覚を頼りに、行動を選んだ。




結果としてこのことが、ぼくがライフワークとして、

これからもずっとやっていくであろう「リスニングボディ」につながったんです。

スケベエって言われるくらい、甘んじて受けますよ。





そんなわけで、あなたも、


ときめく方を選んでみませんか?



それもできることなら、2番目、3番目なじゃなく、


イチバンときめくやつを。





ありがとうございました。


a0142373_074622.png


___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内





[PR]
by teeda-smile | 2014-07-31 00:01 | からだの声を聴く | Trackback | Comments(0)

ときめく方を選ぶ。

まいど、

リスニングボディ・トレーナーの、
阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。



もう2〜3ヶ月前のことですが、
アメリカ人の女性がリスニングボディを受けてくれました。

沖縄で暮らす息子さんの家に一週間ほど泊まりに来ておられました。


腰の痛みと股関節の違和感を訴えておられたんですが、
セッションの中で、どうも左足が動きたい動きがある様子。

足が動きたいように動かしてやると、
仰向けの姿勢ですがちょうど、キックするような動作になります。


「◯◯さん、なにかキックアウトしたいようなことってあります?」
と尋ねると、

即座に、「ジョブ!!」と答えが返ってきました。(笑)


その後、キックする動作をつづけながら、
仕事についての不満を話してもらったところ、

腰と股関節の違和感が無くなりました。


彼女は、「このセッションが不思議でならない」
といいつつも、気に入ってくれたようで、

帰国する前日にもう一度セッションを受けに来てくれました。



セッションが終わって帰る間際に、

「このセッションの名前はなんていうの?アメリカで受けたいから。」

と訊かれたので、

「これはぼくのオリジナルのセッションだから、アメリカでは受けられないね。」

と答えると、

「残念。じゃあ、また沖縄に来た時はお願いするね。」

と言ってくれました。



リスニングボディ、って、いいネーミングですね。

と言ってもらえることが度々あって、

手前味噌ながら、ぼくはとても嬉しく感じています。



リスニングボディが生まれたのには、

あるきっかけがありまして、(なんにでもあるか)


今から考えてみれば、それは、

「ときめく方を選ぶ。」

ということだったかも知れないな、

と思ったりしています。





つづきは、また明日。



a0142373_0305455.jpg




___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内





[PR]
by teeda-smile | 2014-07-30 00:25 | からだの声を聴く | Trackback | Comments(0)

大胆にやらんかったら間違うてることがわからんやろ。

まいど、

てぃーだ整体院の阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




日野先生のワークショップ3日目。

例年は3日目になると人数が少なくなるんですが、

今年は最終日も40名近い人がいて会場はぎゅっとチカラがみなぎった雰囲気。

a0142373_7515579.jpg



まずは胸骨操作。


「つなげるために、分解して、分離して、動かす。

 それが感覚出来るようになるから、

 つなげることができるようになるんや。」


a0142373_7534879.jpg
a0142373_7531736.jpg
a0142373_7525167.jpg




胸骨の連動に合わせて腕を捻る。
身体全体がつながったまま、胸骨から上に浮き上がる。

a0142373_7543918.jpg
a0142373_7551652.jpg




捉えられた熊。

a0142373_7554344.jpg





拗じられた腕を、拗じられた軌跡通りに戻す。

a0142373_7571550.jpg
a0142373_7574370.jpg




「大胆にやれ!

 大胆にやらんかったら。間違うてることがわからんやろ。

 間違うてることがわかるように、

 思いっきりやらんとあかん。」



「人を動かすときにな、

 動かそうとしたらあかんねん。

 自分が、動くように動いたら、人は動いてくれるねん。」






身体の前側を思い切りストレッチして、連動させると、

少しのチカラを加えるだけで、カンタンに上半身が起き上がります。


a0142373_7581333.jpg

a0142373_7584172.jpg



介護の現場でも使える、脱力した状態の人を起こすワーク。

「リズムというよりは、メロディやねんけどな。」

a0142373_7594255.jpg
a0142373_80722.jpg




相手にポジティブな言葉と伝えた時と、
ネガティブな言葉を伝えた時に、カラダの軸の安定がどれだけ違うか。


「ありがとう。」

a0142373_83223.jpg


「バカ!」

a0142373_833380.jpg




 「自分に対して一番使ったらあかん言葉は、

 『できない』 『わからない』

 ぜったいにこの言葉使ったらあかん。

 自分のチカラ、ぜーんぶ奪ってまうで。」




「なるようになるから。

 なるようにならんことは、

 なるようにならせたらええだけ。」





あっという間の3日間。

参加してくださった皆さん、協力してくれた仲間たち、

日野先生、和子先生、

ありがとうございました!!


a0142373_892884.jpg




___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内





[PR]
by teeda-smile | 2014-07-29 08:13 | キャンペーン・イベント情報☆ | Trackback | Comments(0)

具体的に、ここへ向かって行く。

まいど、

てぃーだ整体院の阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。



日野晃先生のワークショップ2日目。


っと、その前に、1日目の夜は、


日野先生、和子先生ご夫妻と、版画家の名嘉睦稔さんとの食事会がありました。

空手をやっておられたボクネンさんが、色んな事を日野先生に訊ねられます。

それに対しての日野先生の答えは、一般の考えとは全く違うもので出てくる。


それをめちゃくちゃ嬉しそうにボクネンさんが受ける。

ボクネンさんがご自身の感覚的な経験をベースに何かを語る。

抽象度を上げたところでの共通点で、2人が共感し、笑う。


プロフェッショナルの対談を、ライブで観させてもらってる感じで、

テレビでやってるようなどんな対談番組より、ガッツリ惹かれましたね。


そうこうするうちに、ボクネンさんの友人でもある、

りんけんバンドの照屋林賢さんが乱入(?)。


りんけんさん、今宵はいつも以上にゴキゲンだったようで、

ものすっごく、いっぱい語っておられました。(笑)

この三人の写真は、お宝やわ〜。

a0142373_74065.jpg






さて、日野晃ワークショップ2日目。

今日もだいた30人位の方の参加でした。

今日から参加の方も多いので、あらためて「胸骨操作」から。


「自分なりにやってたって、なんにも上達せえへんよ。」


そのためには自分以外の人と関わりながら、

<本当に>できているのかを検証する。

a0142373_7495964.jpg


a0142373_750327.jpg



本当に胸骨を動かせていたら、後ろから羽交い締めをされた状態から、

胸骨を動かすことで大きな力が相手に伝わり、

結果として羽交い締めをはずせるくらいの結果が出る。


腕で頑張ろうとしても全く動かないものが、

純粋に胸骨だけを動かした時に出る大きな違い。

a0142373_8133419.jpg
a0142373_8131188.jpg


なるほど、とわかったからって、できるものでもないんですがね・・・。




つづいて、縦系の連動もやりましたね。

つま先から全身を通って連動させて手の指先までチカラを伝える。

めちゃきつかったですね。(笑)



「からだの自然にまかせればいいんですか?」という質問がありました。


先生の答えはこうです。


「あかんで、自然になんか任せてたら。

 ぜんぶ、作り上げて、それからや、自然に任せるんは。


 自然に〜とか、ありのままで〜なんか、全然あかん。

 なんもないやつがありのままやったら、ただのアホやん。」






2コマ目、「表現塾」

まずは、相手の意識の正面に立つ。

なに、意識の正面って?(笑)

a0142373_8154537.jpg
a0142373_8152472.jpg




何人もの人に、「違います。」とダメ出しされて、

その感覚を自分の中で研いでゆきます。

a0142373_8165568.jpg
a0142373_8162372.jpg



「自分がなにかを表現するときは、元々、『分かり合えない。』

 っていう大前提を持っているかどうかが大事やで。

 相手がどう受け取ったかが全て。

 その上で、ちゃんと伝わるようにいろいろやるから、

 伝わるようになるねん。」





つぎに、相手に握られた腕に意識をつなぎ、

相手が動き出すのと一緒に動く。

a0142373_8174932.jpg
a0142373_8172693.jpg


何回やっても、ズレる。

できてきたかな?と思って、日野先生に見てもらうと、

先生は黙って首を振る。



日野先生にやってもらうと、明らかに違うのはわかる。


a0142373_8183969.jpg




「あんな、『一緒』っていうのは、一緒。やねん。

 『タイミングが合ってる』のとは、

 見た目は一見同じように見えるけど、まったく、別のことやで。


 タイミングを合わした場合は、ずっと合わせつづけなあかん。

 いつまでたっても、合わせる側と、

 合わせようとする対象とがあって、別々のままや。

 けど、一緒のときは、一緒やねんからもっと楽や。ひとつやねんから。」





3コマ目、「関係塾」

相手と関係できたときにだけ、意識は反応してカラダが動く。

いろいろやりましたが写真撮り忘れました。


こんなんありました。


●ばくぜんと力を入れる

●下へ向けて力を入れる

●ある一点を目指して力を入れる



その時に出るチカラがどれだけ違うかを、

下に押されまい、と頑張っているペアは驚きを持って体験します。

●ばくぜんと力を入れる

a0142373_820177.jpg


●下へ向けて力を入れる

a0142373_8202818.jpg


●ある一点を目指して力を入れる

a0142373_8205592.jpg




「漠然とものやってたって、いつまでたっても実現せえへんで。」

 具体的に、ここへ向かって行く! これや!!」





さあ、あちこーこーにあったまってきております、日野ワークショップ。

3日目も飛び入り参加オーケーですよ!



ありがとうございました。




当日の参加申し込みも受付けます!!

「からだとつながる、自分とつながる」
 日野晃ワークショップOkinawa



[PR]
by teeda-smile | 2014-07-27 08:26 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

日野晃ワークショップ1日目。

まいど、

てぃーだ整体院の阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




日野晃ワークショップ一日目、無事終了しました。

一日目の一発目、身体塾には、約30人位の方が参加してくれました。


a0142373_8311759.jpg


「カラダを感覚する」


文字で書くと、特にどうということのないこの言葉を、

本当に? ちゃんと? 間違いなく? 感覚できてるのか?



という検証を入れながらやると、

自分は「感覚している」とざっくり思っていたものが、

いかに曖昧で、不確かなものかが、はっきり浮き彫りになります。



カラダの一部分、例えば「胸骨」を、例えば「肘」を、

感覚できている、っていうのはこういうことやで。

というのを日野先生が実例で見せます。

「はい、やってみい。」



それぞれで、二人組みで取り組みながら、

冷や汗を流します。(笑)

全然できない・・・。

a0142373_8314976.jpg


「これができることが目標と違うよ。

 これに取り組むプロセスで、邪魔してる自分のアタマに気づいたり、

 感覚する、っていう感覚を、言葉じゃなくて、

 ホンマに感じていくことが大事やねん。

 それが、稽古なんやで。」



「そら、できへんよ。できへんで当たり前やん。

 今日教えて、はいできました、っていうようなレベルのこと、

 オレのワークショップでは教えてへんで。」






2コマ目の「表現塾」。

自分が伝えようと思っていることは、ほんとに相手にその通り伝わっているのか?

例えば「こんにちは」というとき、

音としては「こんにちは。」という音が出ていたとしても、

「こんにちは。」という想いは、相手に届いているのか?

そもそも、「こんにちは。」と本当に想っているのか?


これをジャッじゃされながらやる恐怖。(笑)

a0142373_8322567.jpg

a0142373_8325623.jpg

a0142373_8335873.jpg


「人間はだれでも自分に甘いねんから、

 他人が見てる自分のほうが正しい、って思わんと成長なんかできへんで。」








3コマ目の「関係塾」

相手と「関係」できている時のペアの動きと、

「関係」できていない時のペアの動きが、

触れているカラダの部位で感じる感触が,全く違う。



それは、わかる。

わかるからといって、いつも「関係」できている状態を作れるわけではない。。。


このあたりからドツボにハマっている人もチラホラ。



参加者の方の感想の一部です。

「今までやってきたのはなんだったんだろう? 
 片っ端からギョクサイされて、どうしたらいいのかわからなくなった。
 今までやってきたことも受け入れ、この世界も体で感じていけるようになれたらいいな、と思う。」


「1コマ目はカラダの体験よりも考え方に脳が逆回転しました。
 いかに自分がカラダのもとにある機能に気がつかずに生活していたかにビックリです。」


「最初に聞いていた『打ちのめされた』のレベルをはき違えていました。
 『こんにちは』さえも言えなくて、苦しくて泣きそうになっている自分、
 泣くことさえもできない自分。
 もう一度初めから・・・、とも言えないくらい、打ちのめされました。」



「3回目の参加でした。先生のお話は毎回、本当に、心に深く残ります。
 自分を変えていきたい、素直でありたい、成長したい、
 と思えるいいきっかけでした。来年も必ず参加します!」





ぼくも例年のように、ガツンガツン、やられているんですが、

個人的に心に残った日野先生の言葉があります。


「ちゃら〜って楽しいことの、なにが楽しいの?

 別にそれが楽しい奴はそれでええよ。けど、ずーっとそこのレベルやで。

 それより、10年かかっても20年かかってもええから、

 積み上げて積み上げてたどり着けるレベルのとこで感じられる、

『楽しい』を、オレは感じたいねん。


 できへんことを、やりつづける。毎日毎日やりつづける。

 ほんなら、あるとき、ひゅーってレベルが上がるねん。

 そしたら、楽しいから、またやるねん。

 オレは、それがえええ。ちゃら〜っとした楽しさなんか、

 絶対に、いらん。それやったら、死んだほうがええ。」





さあ、これ読んで受けようと思う奇特な人いませんか?(笑)

2日目、10:00からあやかりの杜で開催です。



ありがとうございました。


当日の参加申し込みも受付けます!!


「からだとつながる、自分とつながる」
 日野晃ワークショップOkinawa



[PR]
by teeda-smile | 2014-07-26 08:36 | キャンペーン・イベント情報☆ | Trackback | Comments(0)

今、この場所で踊る。

まいど、

てぃーだ整体院の阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。



いよいよ始まる、「日野晃ワークショップOkinawa 2014 」



はるばる大阪から到着された日野先生、和子先生をお迎えして、

沖縄市にある、知る人ぞ知る有名台湾料理のお店「凱莎琳(キャサリン)」にて、

ワークショップ直前ミーティング!!


というほどのもんではなくて、


また今年もこうしてお逢いできた喜びを感じながらの、

いろんな雑談。



でも、この雑談が、たまらんのです。

カラダとココロの変態領域に足を踏み入れているぼくや、

今回のワークショップを主催するぼくの相方、

バレエの先生、コンテンポラリーダンスのダンサーでもある、ゆきみさんにとっては。



日野先生、若い頃は相当にやんちゃされていた、

というのは、お逢いして少し話せば誰でもわかることなんですが、

ハッキリいいますと、

日野先生、今も若いんです。

つまり、今もやんちゃなんです。

やんちゃ花盛りなんです。



なので、紙面や電波に載せられないような話が山ほどあって、

そんなエピソードの一つ一つに仰天させられます。

カラダや意識の使い方の話も、今まで聞いたこともないような視点が、

雑談の中に散りばめられています。


ワークショップでは、さすがにそこまで話せないと思いますが、

もちろん、そのフレイバーは随所で感じ取っていただけると思います。



日野先生、和子先生、ゆきみさん、ぼくの4人で、
凱莎琳(キャサリン)のママさんが作るおいしい料理を頂いていると、

このお店の一人娘で、今はカナダのトロントでダンサーをしている、
メグちゃんが帰って来ました。


そのうち、メグちゃんがカラダの使い方の質問を始めると、
日野先生が、的確にダメ出しと正しい使い方を説明します。

でも、言葉で説明するよりもやって感じさせるのが日野先生。

「はよ、そこでやってみい。」



言われてお店の中でサンダルを脱いでバレエの立ち方に入るメグちゃん。

「ちゃう、ちゃう、こうや。」


と、先生も立ち上がり、動きを見せます。


見てる者一同、「おお〜〜!」と驚く美しさ。(和子先生はにっこり笑って見ておられます)


いつの間にか、ゆきみさんもサンダルを脱いで、動きを始め、

メグちゃんとペアの動きを指導してもらっています。


「おお〜〜。こうかあ〜〜!!いっつもとぜんぜん違う〜〜!!」

と、プロのダンサーが2人、はしゃいでいます。



あれ?ここ、台湾料理の店やんね?

ダンスの舞台みたいになってるで。(笑)



「ゲンさんもやってみ、きっとできるよ!」

と声かけられましたが、・・・やりません。


見ていてわかるのと、やってできるのとは全く違いますから。

プロダンサーが「おお〜〜!」って言ってるような動き、

ぼくにできませんから。



それでも、ワークショップでカラダを動かすのが楽しみになるような、

前夜の、舞踏会・・じゃなかった、食事会でした。



ピン、ときた方はぜひ、飛び込んでください!



当日の参加申し込みも受付けます!!


「からだとつながる、自分とつながる」
 日野晃ワークショップOkinawa



a0142373_7342940.jpg










___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



■セミナー、ワークショップ、イベント等情報■

●2014/07/25(金)~ 27(日)
 「からだとつながる、自分とつながる」日野晃ワークショップOkinawa




[PR]
by teeda-smile | 2014-07-25 07:39 | キャンペーン・イベント情報☆ | Trackback | Comments(0)

伝えたいことってなんなんやろね?

まいど、

てぃーだ整体院の阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。




ぼくはだいたい毎週、
スカイプを使ったコーチングを受けています。

そのセッションの中では、その週にあった出来事の中で、
心が動いたことや、感銘をうけたことを話して、聴いてもらいます。



陰陽五行の谷田先生が、

「相対、相補、相似、という、観方を伝えたいのであって、

 経絡とか、ツボとかは、そのためのネタなんです。」


とおっしゃっているのが、いいなあと思った。



ぼくがそう話すと、コーチが、

「どんなところが、いいなあって思ったんかな?」

と質問しました。


「経絡とかツボとかは、ネタで(笑)、

 伝えたいのは人生の観方、捉え方ってとこかな。」




「じゃあ、ゲンさんが伝えたいことってなんなんやろね?」





うーーーん。


「やっぱり、ゴキゲンに生きていきましょう、ってことかな。

 ココロとかカラダのつながりとかの話は、そのためのネタで。」


そう答えて、


でも、それが絶対的に大切な真実で、
これこそが今世、自分の生きる使命だ!

っていうわけではなく、


今、オレがこの時代に、この国で暮らしていて、
この場所で、この年齢で生きてる上では、

それを伝えていきたい。

って感じていることに気づきました。



例えば今、紛争地域に行くことになって、

そこでも、「ゴキゲンに生きましょう」と言うとは限らない、
というか言うとも思えない。


やっぱりここでも、あくまで相対的な話なんやな、と。




心理学を学び始めた頃に教わった、
アルバート・エリスのABC理論。

A・・・出来事

B・・・とらえ方

C・・・感情



A・出来事は同じでも、

B・とらえ方が変わると、

C・感情が変化する。




今感じている感情は、B・とらえ方によって生まれている。


今と違った B・捉え方を選ぶことで、

自分にとって好ましい感情を導き出すことができる。



それを発展させて、

C・感情を先に決める。ゴキゲンって。

すると、B・とらえ方が、後からついてくる。



ああ、こう捉えたら、ええ感じなんやな、って。



これも練習というか、稽古が要るなと思います。

最初はうまくいかんこともあるし、できたと思っても、

気がついたら不機嫌になってることもあるけど、

だからってそのことに不機嫌にならなくていい。


「ああ、またやっちゃってるわー(笑)」

って笑うと、その瞬間にゴキゲンを選べる。



このときのゴキゲンって、
スーパーハイな、いわゆる超ポジティブとは違うんよね。

むしろ、静かな感じ。


ネガティブも含有してるポジティブやから、
ニュートラルにだいぶん近いと思います。

感情としたら、「感謝」が一番近いかも。



リスニングボディのセッションでは、
そんな捉え方を紹介したいという気持ちはあります。

でも、クライアントがそれを選ぶかどうかは、
その人の自由だし、

そもそも、他のだれかが、
あたなたの捉え方を選ぶことはできないもんね。




あ、そうそう、
無料セッションの予約がとうとう95人まできました。


なんか、ようわからん、淋しさ?みたいなん感じてます。

終わってしまうんか・・みたいな。(笑)


興味のある方はぜひどうぞ。



〜てぃーだ整体院10周年感謝企画〜
リスニングボディ100人無料セッション





今日はこんなところで。


ありがとうございました。


a0142373_1344521.jpg




当日の参加申し込みも受付けます!!

「からだとつながる、自分とつながる」
 日野晃ワークショップOkinawa







___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



■セミナー、ワークショップ、イベント等情報■

●2014/07/25(金)~ 27(日)
 「からだとつながる、自分とつながる」日野晃ワークショップOkinawa




[PR]
by teeda-smile | 2014-07-24 01:35 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

ココカラつなげる☆ VOL.0262 全部を塗りつぶさない


==========================
 ~1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きる~
 ココカラつなげる☆ VOL.0262 全部を塗りつぶさない
==========================

ある女性は、常に忙しかった仕事を務め上げ、
退職後、自分の趣味を楽しむ日々を過ごされています。


いくつかやり始めた習いごとの一つ、
「絵手紙」を描くときに、


先生から何度か注意されたことがあるそうです。


「全部を塗りつぶさないでください。

 塗り残した白いところが、輝くんですよ。」




これまで、仕事と子育てに追われるように、
ぎゅうぎゅうに詰まった日々を過ごしてきたその女性にとって、


絵手紙の先生の言葉は、
絵の描き方以上の意味を持っているのかも知れません。





~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


Q.塗り残しをつくっていますか? 

  
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~




PS 十五の君へ

なんでもかんでもやりたいときって、
なんでもかなんでも入れてしまいがちやけど、

ほっと息を抜ける、間があったほうが、
やってることの良さも際立つんかもしれんな。


a0142373_0325838.jpg



☆あなたの答え、感じたこと、ひらめき、気づき、を聴かせてください♪
お気軽にこちらまで ⇒ teeda.smile@gmail.com 

リスニングボディトレーナー 阪中ゲン

___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



[PR]
by teeda-smile | 2014-07-23 00:33 | 一日1分。ココカラつなげる | Trackback | Comments(0)

「けいらくすとれっち」こことつながるあちゃら側。

まいど、

てぃーだ整体院の阪中ゲンです。

ようお越しくださいました。



谷田先生から学ぶセミナー三日目。

あ、谷田先生、名前も学(まなぶ)だ。


「経絡ストレッチ」


「けいらくすとれっち。」


なんとなくひらがなで書いてみました。
特に意味はありません。


昔、「テレビにらめっこ」っていう番組があって、
笑福亭鶴瓶さんが、会場の人の前でオモロいハガキのネタを読んで、

笑ったら、筋肉モリモリの兄さんたちに強制的に連れ出される、
っていう内容でした。知ってる人いますか・・?


で、このときに、鶴瓶さんが、「てれびにらめっこ!」
って言うんですが、これが合図で笑ってはいけなくなります。


じゃ、行きますよ。

「けいらくすとれっち!」

もう笑えない。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
 
a0142373_7402783.png


って、谷田先生が思いっきり笑ってますやん!!



こんな感じで10秒に一回くらいは谷田先生が笑いを入れながらの、
和やかな雰囲気の「けいらくすとれっち」でした。


a0142373_7552476.jpg


これ、痛いです。


え”〜〜〜?って思うでしょ?

痛いのんなんか嫌だーって。

でもね、ストレッチ。って言葉風の痛さとは、また違う痛さなんです。


すとれっち。ていう痛さ。(なんのこっちゃ)


「ケイラクストレッチ」っていう、とんがった痛みじゃなくて、

「けいらくすとれっち」っていう、丸みのある痛みなんです。



そしてね、いたみを超えて、

その向こうの世界へ行く。


あ、伊丹と違いますよ。
伊丹を超えたら空港着けなくて飛行機乗り遅れます。



痛みを感じているカラダの世界から、

カラダも含んだ、カラダの外側の世界とつながる、


って感じです。(よけいなんのこっちゃ)



まー、なんのこっちゃだけど、
こんな具合でしか伝えようがないです。

アイスクリーム食べたことないアフリカの子に、
現他の食べ物使って例えて説明しても、

結局、なんのこっちゃ、にしかなりませんもんね。(笑)



要は、体験してみるしかないと思います。



そして、

今見えている、感じている世界にいる自分が、

まだ見えてなかったり、感じていない世界がある。




ってことを体験することは、
単純にオモロいし、


今までいた自分の世界をも、
より深く感じられることにつながると思います。



これは、今回の経絡っていう、目に見えない、
カラダとその外側をつないでるものに限らず、


色んな人が居るなあ。
色んな場所があるなああ。
色んな考え方があるなあ。


って感じられるような、
さまざまな体験をすることも同じだと思います。


そんな好奇心と、
向こう側を覗き込もうとするちょっとした冒険心を、

いつも持っていられるといいなと思います。




谷田先生、ありがとうございました。

主催してくれた、ひーこーさん、サチさん、
共に、こことつながる向こうを体験した参加者の皆さん、

ありがとうございました。


a0142373_756086.jpg

毎度,写真をお借りしてすみません、ひーこーさん。



終了間近です!!

〜てぃーだ整体院10周年感謝企画〜
リスニングボディ100人無料セッション




いよいよ来週末に開催!!
「からだとつながる、自分とつながる」
 日野晃ワークショップOkinawa







___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



■セミナー、ワークショップ、イベント等情報■

●2014/07/25(金)~ 27(日)
 「からだとつながる、自分とつながる」日野晃ワークショップOkinawa




[PR]
by teeda-smile | 2014-07-22 07:49 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)

谷田先生の陰陽五行セミナー2日目。

昨日にひきつづき、

谷田学先生から、陰陽五行について学びました。



暦でいう土用に、地気が強くなるといった話や、

大地が持つ、2つの相反するエネルギーについてなど、

興味が尽きない話がてんこ盛りでした。



ものごとには常に二面性があって、



一つの事象には、陰と陽が互いに依存しつつ、

対立しながら存在している。


その陰と陽も、それぞれその内部に、さらに陰と陽がある。


陰と陽の割合はいつも対して100%の全体になるけれど、

相互の割合は常に変化し続けている。


陰と陽、どちらかが思いっきり強くなると、

限界に達した後、反対側に振れる。






ポジティブとネガティブ、

男性性と女性性、

父性と母性、

やりたいことと、やらなくちゃいけないこと



こうした、普段、リスニングボディでお馴染みの、

色んなことばが持つ性質の理解がより深まります。





そして、陰陽五行、

木・火・土・金・水、の持つ性質を、

詳しく、オモロく、丁寧に解説してもらいました。


ついつい、みなれた漢字が使われてるので、

木は、ああ、木(tree)ね、

とか思いがちですが、


それぞれのことばは5つの違ったエネルギーを表していて、

そのシンボルとして与えられてる漢字の意味と100%一緒ではない、

って、とこらへんは、やはり専門の人に教えてもらわないと、

ややこしくなってしまうんですね。



五行、木・火・土・金・水を、

物理面、生理面、心理面から観たらどんな性質があるか。

それぞれは相互にどんな影響を与え合うか。


というのを半日以上かけてじっくり学びましたよ。



交流分析とか、人間関係のマトリックスなど、

こもまた普段のセッションで使ってる人や関係性の観方に、

今後は、さらに五行もあてはめて観てみましょうね。



ならったことすべては書ききれませんが、

一つ、自分的にオモロかったことを。


講義を受けながらぼくは、

妻の性質を、「きゅっ」というエネルギーで、
収める、引き締める、律する、といた性質を持った、「金」だな、

と判断していました。


そしてぼく自身はというと、たぶん、
調和、偏りを調える、性質の「土」かな?

と思っていました。


ところが、谷田先生の見立ては、
ぼく自身も、妻と同じ「金」。



んんんん?

と思いながら、考えたのが、

陰陽五行は、いつも絶対的な在り方ではなくて、相対的。

だとすると、ぼくは妻の強い「金」の性質とのバランスで、

「土」の要素を強めたのかな?と。



これを谷田先生に話してみると、

「そうだと思いますよ。」

とのこと。


ナットクしましたわー。



それから、こんなこともありました。


お昼休みが終わる頃、ひーこーさんがぼくに、

「ゲンさん、これちょっと着けてください。」

とアイマスクを持ってきました。


なんかドキドキするなあ、と思って、

習ったばかりの脈のをとっていました(笑)


「どうぞ、外して下さい。」

と言われて、アイマスクを外すと、


参加者の人達が円になっていて、

手には「てぃーだ整体院 10周年 おめでとうございます」と書かれた紙。

そして、ハッピーバースデーを歌って、クラッカーを弾いてくれました。

そして、Uさんの、カラダを張った涙ながらのお祝いのことば(嘘泣き?)を頂きました!



ひーこーさん、サチさん、みなさん、ありがとうございました!!


あ、今のはサプライズでお祝いをしてくれたお礼です。



谷田先生、参加者のみなさん、二日間ありがとうございました!

a0142373_837465.jpg





終了間近です!!

〜てぃーだ整体院10周年感謝企画〜
リスニングボディ100人無料セッション




いよいよ来週末に開催!!
「からだとつながる、自分とつながる」
 日野晃ワークショップOkinawa







___________________________________________


●このブログで、「1日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」
通称「ココカラつなげる」を、毎日(たぶん)更新しています。
バックナンバーはこちらでお読みください。


●メルマガ「一日1分。からだの声を聴いて自分らしく生きるエッセンス」が、
お手元に届きます。まぐまぐへの登録はこちらからどうぞ☆
⇒ http://www.mag2.com/m/0001588045.html


●身体メンテや、季節ごとのからだケアをまとめた、
「心とからだをつなぐニュースレター」を、
不定期でお届けしています。こちらもぜひ登録してくださいね♪
⇒ https://www.mshonin.com/form/?id=373128602


____________________________________________

●てぃーだ整体院のミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●予約からセッション(施術)まで

●セッション(施術)料金

●てぃーだ整体院 店舗案内



■セミナー、ワークショップ、イベント等情報■

●2014/07/25(金)~ 27(日)
 「からだとつながる、自分とつながる」日野晃ワークショップOkinawa




[PR]
by teeda-smile | 2014-07-21 08:38 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)