カテゴリ:セルフケア( 9 )

あと12年寿命を延ばす方法

毎日発行しているメルマガで、
パブリック・ヘルスついて触れたところ、
そうした情報にも自然に目がいくようになりました。

これを知って実践すれば、
確実に寿命を延ばせる方法があるとしたら、
知りたくありませんか?


それは、
「7つの生活習慣」を実践することです。


この生活習慣を、

45歳の男性が、
0〜3個しか実践していない場合と、
6〜7個実践してるときでは、
なんと、約12年の寿命の差が出るそうです。

45歳の女性でも、
6〜7個実践している人は、
0〜3個の人よりも、
約7年長生きするそうです。


じゃ、それってどんな習慣なのか、
早速見てみましょう♪




「ブレスローの7つの生活習慣」

 ◎睡眠時間は7~8時間とる
 ◎朝食はほぼ毎日とる
 ◎間食はあまりとらない
 ◎体重は標準である
 ◎運動、スポーツをしている
 ◎酒は大量にとらない
 ◎タバコは吸わない



なんじゃ、ふつーじゃん!
って思った人!!

ふつーのことを普通にできるのが大事なんですよー。^^



でも、パーソナル・ヘルスに従事するぼくは、
あえてここにもう一つの習慣をプラスしたい。


「ゲンちゃんの8つ目の生活習慣」

 ◎健康情報を、鵜呑みにしない!




元も子もないか!?(笑)
でも、本気ですよー。


「健康のためなら死んでもいい」という
過度な健康マニアにならないこと。

自分のからだ感覚を大事にして、
自分に合った健康習慣を作ることが
大切だと思うんですよね。


例えば、毎日6時間睡眠だけど、
自分はそれで十分休息がとれる
という人もいるでしょうし、

朝食は食べない方が身体もアタマも快調だ
という人もいるでしょう。



パブリック・ヘルスの情報は、
たくさんの人を対象にした調査の中から生まれた、
最大限の最大効果を抽出したもの。

それを活かしながら、
自分に合ったパーソナル;ヘルスをカスタムしてみる、
というのはいかがでしょうか?







[PR]
by teeda-smile | 2013-01-31 20:20 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

「今できることとしてのセルフケア」

気になるキーワードはどれですか??
肩こり/頭痛/腰痛/坐骨神経痛/骨盤の歪み/背中の張り/膝痛/疲れがとれない/元気が出ない/
自分らしさを見つめたい/自分の好きなこと・やりたいことを見つけたい/毎日をワクワクと生きたい/

『てぃーだ整体院』 ~自分らしいワクワク人生、応援します♪~ 
読谷村・嘉手納村・沖縄市・北谷町・石川市・恩納村・うるま市・北中城市などの近隣市町村をはじめ、
宜野湾市・浦添市・那覇市・中城村・名護市・今帰仁村・大宜味村等、遠方からも来院いただいています。
=============================================



連日、地震被災とエネルギー施設に関するニュースが報道されています。
仕事中もPCで動向をチェックしたり、おうちに帰ればすぐにTVをつけて、
その後の様子を確認している方も多いと思います。

ここで気をつけていただきたいことがあります。
それは、これらのニュース報道に接することによって生じた強い感情が、
身体的症状として表れることがあるということです。

直接被災していない人たちであっても、
恐ろしく強大な津波の映像や、過酷な生活を余儀なくされている被災者の方たちの姿、
放射能汚染の拡がりなどの情報から感じる恐れや不安、痛々しい気持ちなどが
背中の真ん中辺りの張り、ぎゅっと力が入った肩の違和感、
実際に胸の辺りを締めつける感覚などとして感知されることがあります。

自覚症状があるときはまだましですが、
意識されないまま身体症状が悪化し長引くこともあります。

今自分ができることはなにかを考える時に、
自分自身の心やからだ感覚をよく観察して適切なケアをする、
ということも、とても大切なことです。

今起こっていることは、私たちにとって本当に大切な試練の時だと思います。
国中で力をあわせてこの危機を乗り切っていきたい、と強く感じています。

ぜひ、今できることとしてのセルフケアを行なって、
ニュートラルな意識と身体で、これからのことに向き合っていける自己でいましょう。

[PR]
by teeda-smile | 2011-03-18 20:40 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

春のからだ④ 『 かお全体のストレッチ 』

a0142373_1615476.jpg前回までのセルフワークで、  
目のまわりはゆるみましたか~?

よし、今日は 「 かお 」 いってみよー。

このワークは、
トータルイメージコンサルタントの方に教えたもらったもので、
元々は 「 笑顔レッスン 」 のためのものなんです。

なので、コレやると、
「 笑顔美人 」 「 笑顔イケメン 」 レッスンにもなるってこと!(笑)


まずは鏡に顔を映しましょう。
ワーク前の、笑顔(口角の上がり具合)チェック。

● ペンを口くわえて、笑顔になりましょう。

そして鏡に映ったくちびるの端(口角)が、
くわえたペンよりも上がっていたら、 評価A。(素敵な笑顔です!)
くわえたペンと同じ高さだったら、 評価B。(もうちっとで上質笑顔!)
口角がくわえたペンより下だったら、 評価C。(残念。よし、今から練習だ!)



『かおのストレッチ』

鏡の前で、思いっきり口をあけながら 「 あ~~~ 」 と言います。
このときに上下の歯が見えるように、くちびるをしっかり上下に移動。

つぎは、「 い~~~~ 」。上下の歯をくっつけて、
奥歯まで見えるくらい横開き。

「 う~~~~ 」 は、タコの口のようにくちびるを丸めて、
鼻にくっつくぐらい上に持ってくる。

「 え~~~~ 」 は、「 あ 」 の時と同じく、上下の歯が見えるように。
上にも横にもしっかり開く。

「 お~~~~ 」 は、鼻の下の筋を思いっきり伸ばしながら、
なんでだろ~♪のテツ&トモの細い方の人がやるみたいな、
すぼめた口を前に伸ばしきった顔で!( わかる? 笑 )


できましたー?
まだ終わりじゃないですよ。 次っ。

次は、今の 「 あ~ い~ う~ え~ お~ 」 に、
目ん玉をカッと見開く、というのをプラス。

目玉が、ま~るく見える状態にしながら、
さっきの、「 あ~ い~ う~ え~ お~ 」 をやってください。
名づけて、ハイパーアイウエオ。(今思いついた)
決して人には見せられない。

このワークを何度か繰り返せば、
顔の筋肉が動きやすく、血行もよくなりますよ!
そして、目、かおがゆるめば、
肩から下もゆるゆる、ゆるみ始めますからね~。
[PR]
by teeda-smile | 2010-02-27 20:00 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

春のからだ③ 『 目のまわりをゆるめる 』

まいどです。 a0142373_17533185.jpg

春からだは、「ゆるめる」 ことが大事で、
自動的にこころウキウキ、からだムズムズが、
自然のリズム、と書きました。

え~、そうなの~?
べつにウキウキムズムズしませんけど。
って方もおられるでしょう、もちろん。
そんな場合は、からだに残った冬のなごりを、
先にとっちゃいましょう。


まずは、「目のまわり」から。

ハイ、目を強~くつむって、ぎゅ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 オーケー。
次に目を開けて、でっきるかぎり両目を右に寄せて、じ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 グーッ。
ハイ、もいっかい、目を強~くつむって、ぎゅ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 オーケー。
また目を開けて、今度は、両目を左に寄せて、じ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 グーッ。
目を強~くつむって、ぎゅ~~~~。 いち、に、さん、し、ご。 オーケー。

わかってきたでしょう?

今度は上に、じ~~~~~。目を閉じてぎゅ~~~~。
最後に下に、じ~~~~~。目を閉じてぎゅ~~~~。

そうです。目を閉じてぎゅー。 と、 
目玉を寄せてじ~~。のくり返し。 右・左・上・下のの順でね。
最後に、両方のてのひらを閉じたまぶたの上に軽くあてて、
「 おつかれちゃん。」 って、1分ぐらい。

目の疲れから肩をこわばらせてることも多いから、
肩がこってる人もやってみよう。
視力回復効果もあるからね♪


次回は、「顔全体のストレッチ」。
[PR]
by teeda-smile | 2010-02-26 10:56 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

春のからだ② 『息のえんとつ掃除』

a0142373_1624686.jpg
まいどです。

前回、春は、四季の中でもからだの基礎を作る大切な時期。
徐々にからだが緩んで骨盤やら肩甲骨が開いてきます。
と書きました。                         

なので、自然のリズムをちゃんとキャッチしてる人は、
なんかウキウキしたり、からだがムズムズして、
無性に動きたくなったりします。

気がついたら寝ころんでストレッチしてた。 ←OK.
ふだん散歩なんかしないけど、ちょっとそこまで歩いてみた。 ←OK.
街行く女性、あるいは男性(ようするに異性)を、思わずじ~っと見つめてた。 ←OK.
窓をガラッと開けて、「ワォ~~~!!」と叫んでた。 ←うーん、ある意味ギリギリだけど動物としてOK.

冬のからだが春バージョンに変化する時に大切なのは 「 ゆるめる 」 こと。

ハイ、まっすぐ立って足は肩幅。
一回、息を吐き出しましょう。ふ~~~う。
正面向いて、からだの真ん中の 「 軸(センター) 」 を意識しましょう。
そしてそこを中心にからだをブルブルブル~とゆすってみます。
声を出してみてね。 「ア”~~~~~」 て感じで細かく声がゆれてますか?

「ア”~~~」 って声だしながら、からだゆらしてると、
「 あ、ここゆれてないな。 」 「 背中の上のほうが固い~。」 とか、
今のからだの感じが分かってきます。

自分の 「 気持ちいい 」 感覚を頼りに、好きなだけつづけてください。
アタマを前後左右に動かしながらやると、肩や首の「今」がよくキャッチできます。

いつの間にかこわばってしまってた、からだの感覚に気がついたかな~。
意外と見落としがちなのが 「 かお 」 のこわばりなんです。
特に目のまわり。

次回はそのあたりのことを書きますね♪(たぶん)
[PR]
by teeda-smile | 2010-02-25 10:23 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

春のからだ①

a0142373_16295757.jpg
春でっせー!!
なんか、大阪弁になってしまいました。(笑)

春のからだって、ビンビン敏感になるんだけど、
ちゃんと匂い、色、音、感じてますか~?
おいしいもの、「おいしい~~~!」って思わず口に出してますかー?^^

人間も動物ですからね、(当たり前だけど)
春になったら、他の動物達と同じように、「 サカリ 」 がつかなきゃいけません。
「 はー?人間もサカリがつくばー? 」 って?
当然です。 (断定形)

季節に合わせてからだは変化していますが、
あまりにも自然のリズムからかけ離れた生活をしていたり、
アタマでっかちに 「 ならねば、やらねば 」 だけで生きてると、
だんだんからだの感覚が鈍ってしまいます。

「あー、そういえば、冬だったねえ。」
「気がついたら春が終わって夏だねえ・・・」

とか言ってたら、あかんで~~!(また大阪弁。)

四季の中でも、春はからだの基礎を作る大切な時期。
徐々にからだが緩んで骨盤やら肩甲骨が開いてきます。

あくびがひんぱんに出るなら、OK!からだダイジョウブ。

はい、両手をグ~~っと上に伸ばして、
ハ~~~~~、っと息を吐きましょう。
そして、ふっと、力を抜いて脱力。
自然に呼吸しながら、からだの感覚を味わって~。

肩の張りに、「 ごくろうさん。 」
首の疲れに、「 がんばったね。 」

そうだ!
春のからだ用の、セルフケアのワーク、
いくつか書いていこう!
よし、今日からひとつづつ書いていきます!(たぶん)
[PR]
by teeda-smile | 2010-02-24 10:03 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

からだモードのつくりかた① ~半身浴のススメ~

眠りが浅くて、朝起きても寝たような気がしない、という方や、
緊張型タイプで、どうも肩や背中の力が抜けない、という方たちの多くは、
『 あたまモード 』 のままベッドに入っていることが多いようです。

『 あたまモード 』 とは、あたまを働かせながら仕事をしている時や、
一生懸命、問題解決をするために脳を使っている状態。
このときからだは、あたまに合わせて背骨の両脇の筋肉にギュッと力を入れて、
いわば、「戦いモード」になっています。

逆に、リラックスしてゆ~っくり好きな音楽を聴いたり、
ヨガやストレッチなどでからだの感覚に耳を傾けている時は、
あたまモードのスイッチが切れて、『 からだモード 』 に切り替わっています。

『 からだモード 』 にしてから眠ると、良質で深い眠りに入ることができますよ。
そこでまずオススメするのが 『 半身浴 』 です!
寒い季節は、からだの冷えやすい方の湯冷めしない入浴法としてもとても有効ですよね。


~ 『 半身浴 』 のススメ~ 簡単にポイントだけをまとめておきましょう。

①まずはコップいっぱいの水を飲みましょう。

②ふだんの適温よりもすこしぬるく感じる温度で、おへそが隠れるあたりの深さまでお湯につかります。

③最低15分。顔や背中から出る汗がとまらなくなってきたら上がりどき。

④入浴後に出てくる汗は、乾いたタオルでこまめに拭きましょう。



最低15分と書きましたが、「15分も入れない!」という場合、
お湯の温度が熱すぎます。もうすこしぬるめで。
寒い季節は上半身が冷たくなってしまうので、
Tシャツを着て入るなどして肩や背中を冷やさないように。

お湯につかりながら雑誌をながめたり、アロマオイルを入れるのも楽しみのひとつですよね~。
『 半身浴 』 のときにオススメのアロマオイルを、
北谷にある、バッチフラワー&アロマの癒しのお店 『サニープレイス』の、比嘉倫子さんに紹介してもらいました。

「私も手足がよく冷えるので、半身浴も全身浴も大好きです。 オススメは
 ★ローズマリー(血行促進、沈んだ気持ちを元気に)
 ★オレンジ(リラックス作用、落ち込んだ心を元気に、食欲不振・過食、便秘や消化不良を改善)
 それに
 ★ラベンダー(ストレスや緊張をほぐし疲れた心を回復、筋肉痛や生理痛・頭痛などの痛みを緩和、不眠症などにも。
         皮脂のバランスを整える効果で、にきびや湿疹、やけどや傷などを改善。)
 をプラスすることで、また香りも楽しめて相乗効果も期待できますよ!
 もちろん単品使いでもかまいませんし、3種ブレンドもオススメします。」



倫子さん、ありがとうね。
サニープレイスの、「パッチフラワーレメディ」もオススメですよ。
私は倫子さんにカウンセリングしてもらって、レメディをつくったんですが、
倫子さんに自分の感情を聞いてもらうだけでも、心が整理されすっきりしてきました♪

     
ちなみに、「半身浴すると耳にお湯が入って・・・」って人いるみたいだけど、
それ、間違ってるからね~
右半身と左半身じゃなくて、上半身と下半身のうち、
下半身をお湯に浸ける「半身浴」だからね~~(笑)

シュノーケル使ってる人も、間違ってるよ!
(それ、上半身浴!)
[PR]
by teeda-smile | 2010-01-20 13:01 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

『 インスピレーションウォーク ~感じるためのひとり散歩~のススメ 』

ここでは、難しいセルフケアの紹介はなるべく控えて、
カンタン♪ だけれども、
効果の高いセルフケアの方法を伝えていきますね。


健康のためにウォーキングをしているという方がいると思いますが、
一口にウォーキングといっても、やり方は様々。

目的をどう意識するかで、
ちょっとしたやり方の違いがうまれ、
その効果は大きく変わってきます。


今回オススメするのが、
『 インスピレーションウォーク ~感じるためのひとり散歩~ 』

「からだの声を聴く」 ことと、
「直感力を高める」 ことは深くリンクしています。



『 インスピレーションウォーク ~感じるためのひとり散歩~ 』

①身軽になって、外へ出る。
 季節にあわせて、暑くなく寒くない、身軽な格好で外へと出かけましょう。
 ひとり、というのが重要です。できればペットのワンちゃんも今日はお留守番。
 携帯電話、i-pod は厳禁。持ち物は、小さなメモとペンがあれば充分。


②歩きながら、からだの声に耳を傾ける。湧き上がってくる感情を観る。
 いつもは車で通る見慣れた道を、音楽も会話もなくひとりで歩いていると、
 普段、気づいてないことにさえ気づいてなかった、色んなものを感じはじめます。
 近所の子どもたちの声。海の上の空に浮かぶ雲のかたち。咲いている花の匂い。
 樹々の葉をゆらす風が肌に触れる感じ。 


 いつの間にか自分との会話が始まります。

 ふだんは気にしていなかったからだの感覚を感じたり、
 意識することのなかった感情が湧き上がってくることがあります。
 それらを、良い悪いの判断をせずに、ただ、感じて、見つめてみてください。



こころとからだの声を聴くことで、
極端に振れたバランスが
あるべきところに落ち着いてきます。

この時に、
無理に思考をまとめようとはせずに、
自由連想的に想いをフローさせるのがコツ。


この 『 インスピレーションウォーク ~感じるためのひとり散歩~』
を楽しんでいると、
自分の心とからだのバランスはもとより、
家族や周りの人との関係もさらに心地いいものになりますよ♪

あ、ときどきというか、ひんぱんに、
すっごくいいこと思いつくので、
メモとペンは必携です♪


ぷらぷら散歩しながらしょっちゅう立ち止まって
メモしてるヤツがいたら、ぼくかもしれません。(笑)



 

『 予約問い合わせ 』 は、こちらから。




 
[PR]
by teeda-smile | 2009-12-16 14:00 | セルフケア | Trackback | Comments(0)

『 手足のむくみ、からだの疲れをとる ~テアシブルブル・ワークのススメ~ 』

ここでは、難しいセルフケアの紹介はなるべく控えて、
カンタン♪ だけれども、効果の高いセルフケアの方法を伝えていきますね。


手足のむくみ、とくにふくらはぎのむくみに困っている方、
「今日一日ハードだった、疲れたよ~~~」という方は、
ぜひこの 『 テアシブルブル・ワーク 』 を試してみてください。

正しくは 「 毛管運動 」 というものですが、
効果てきめん!!今までにこのワークをやってむくみが取れなかったという方は、
ほんとうに一人もいないのです。


≪ テアシブルブル・ワーク  やり方 ≫

①あお向けに寝ころんで、両手両足を真上にまっすぐ伸ばします。
 
②手の指は天井へ向け、足裏は水平にしたまま、手足をブルブルブルッと振動させます。

③最初は1分間から慣れたら2分間 (朝夕の二回) を目標にします。



結構、腹筋を使うので、おなかの筋肉も鍛えたいという人には一石二鳥。
しんどい人は、おしりと床のあいだにクッションを挟むとずいぶん楽にできます。

ぼくは20年以上、このワークをやっていますが、
疲れた日は、寝る前にベッドでこれをやってから眠ると、
翌日の回復がまったくちがうのを実感できます。

朝、からだがだるくてなかなか起き上がれない時も、
ベッドの上でブルブルブルッとやると、
からだが動きやすくなっているのに気づきますよ☆



『 予約問い合わせ 』 は、こちらから。
[PR]
by teeda-smile | 2009-12-10 17:43 | セルフケア | Trackback | Comments(0)