ネガティブな時に物事を決めてはいけない



リスニングボディ・セラピスト養成講座 in 沖縄 

受講者募集中です。





まいど、
てぃーだスマイルの阪中ゲンです。



これはこれは、
えらいごきげんさんでございますな。

ようお越しくださいました。




先日、報道番組に海洋冒険家の白石廣次郎さんがゲスト出演していた。

キャスターから「白石さんは、『ネガティブな時に物事を決めちゃいけない』とおっしゃっていますよね?」と話しを振られて、「はい、いい決断ができる状態に自分をする、ということが大事なんです」と答えていた。
 
 
白石さんは、ヨットで単独世界一周を3回も達成している。
「海の上では、判断、判断の連続ですから。しかもいい判断をしないと命を失います。」というようなことを話していた。だからこそ、「いい判断ができる状態に自分をする」ことに、意識を向けているのだ。


ぼく達の多くは、命と隣合わせの判断をする機会などそうそうないが、仕事であれ、人間関係であれ「いい判断」をしたいと誰もが思っている、と思う。
 

ネガティブな気分のときには視野狭窄が起こる、ということがわかっている。
実際に目で見える視界が狭くなるし、考え方の選択肢がせばまる。
逆に、ごきげんな気分の時には、ものが見える範囲が広がり、考えの選択肢が増える。
 
腐りかけた食材を使って何かを作るのと、たくさんの材料の中からよりよい食材を選んで調理をするのとでは、出来上がる料理に違いが出るのは当然だ。
 
 

うまくいかないことがつづいている時に、やるべきことは、がむしゃらにがんばることではなく、自分をよい気分にすること。
 
友人の典子さんが教えてくれた方法は、「10分後の自分が、今よりほんの少しごきげんになるために何をしようか?と考える」やり方だ。
 
やってみるとわかるが、たいてい「寒いのを我慢していた」「トイレに行きたいのを我慢していた」「付けっ放しのテレビがうるさかった」「部屋の中の空気がこもっていた」といった、感覚せずにいた不快感に気がつく。
 
そしたら、「靴下をはく」「トイレに行って用をたす」「テレビを消す」「窓を開ける」という具体的な行動をとればいい。
 
人によっては、「冷蔵庫のチョコを食べよう」「朝のどうでもいい喧嘩のことを謝ろう」「30分ほど寝よう」といったことを思いつくかもしれない。
 

そうした行動をとったあと、気分が変わっていることに気がつくはずだ。
 
何かを決めるのなら、そうした行動をとってからだ。
 
 
 
ネガティブな気分の時に、唯一決めてもいいことが、ひとつだけあると思う。
 
「こんなクソみたいな状況を招くようなことは二度としない」ということだけだ。




ヨットを操縦中の白石康次郎さん
a0142373_18181937.png





てぃーだスマイルのリスニンングボディでは、
今のあなたのからだと心の状態に合わせた、
ボディワーク、心理アドバイス、小ネタ(実はこれが一番有効)を提供します。



【リスニングボディとは】

からだを整えることにより心のメンテナンスも行い、
同時に心の詰まりを解放することによりからだをゆるませる
「心とからだをつなげる」ボディワークであり、心理セラピー。

からだに表れる痛みや不具合の調整はもちろん、
その原因となる心の「くせ」を外してゆくことで、
本来のあなたらしさが溢れ出るサポートを行います。



予約問い合わせ 』 は、こちらからどうぞ♪




てぃーだスマイルのホームページができました。

リスニングボディ・セラピスト養成講座、プロフェッショナルセルフ発揮スクール、沖縄県内・外でのセミナー情報、メールマガジンの登録など、こちらをご覧ください。

てぃーだスマイルコミュニケーション



____________________________________________

●てぃーだスマイルのミッション

●リスニングボディってなに?

●阪中ゲンの自己紹介

●メニュー





[PR]
by teeda-smile | 2016-12-28 18:20 | なんやらかんやら | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://teedasmile.exblog.jp/tb/23507052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< からだ動かしの練習会をします。 New:ココカラつなげる☆  ... >>